青汁をアトピーのケアに導入するべき理由

スポンサーリンク

青汁をアトピーのケアに導入するべき理由

アトピーのケアに導入するアイテムとして青汁はいかがでしょうか?

 

簡単に不足した栄養が補えるなど様々な特徴がテレビCMで宣伝されています。

 

そんな青汁をアトピーのケアに導入するべき理由を紹介します。

  1. アトピーケアに必要とされる栄養素がたっぷり入ってること。
  2. デトックス作用がある。
  3. おすすめの青汁

続きを読む

スポンサーリンク

アトピー(乾燥肌)の冬における乾燥対策


アトピー患者の方は冬の乾燥対策はどうされていますか?

 

私は夏よりも冬に症状がかなり悪化します。アトピーだけでなく胃腸の調子も悪くなるので、私にとってかなりキツイ季節です。特に今まで症状の出なかった首、尻、腹、腕のあたりに症状が出ています。やはり原因は寒さからくる乾燥です。

 

そこで私の取っている乾燥対策をいくつか紹介します。

 

大まかに3種類の対策に分けました。

 

  1. 肌対策(化粧水、クリームなどを用いた肌への直接的な対策)
  2. 環境対策(部屋の湿度の低下を抑える簡単な対策)
  3. 食事対策(冬の乾燥肌を改善する食品の紹介)

 

では行きましょう!!

 

肌対策(化粧水、クリームなどを用いた肌への直接的な対策)

 

肌の保湿は必須です。そこで、体の部位に応じて適切な保湿剤をご紹介します。

 

化粧水・・・肌しるべ 化粧水 株式会社ファインエイド

  • 冬の乾燥にお悩みの人
  • スキンケアにたくさんのアイテムを使いたくない人
  • コスパのいいスキンケアがしたい人

におすすめです。

 

顔はお風呂あがりすぐの保湿が必要です。いま使っている化粧水を見直すのもありだと思います。

この「肌しるべ」はあらゆる肌トラブルは“乾燥が原因”と考え“化粧品に必要なのは保湿だけ”というコンセプトで開発された化粧水です。

 

「肌しるべ」の特徴

  • スプレータイプ・・・プッシュするタイプなので出しすぎや倒してこぼすなどのトラブルを防げます。
  • コメヌカ発酵液エキス・・・糖類、アミノ酸、ビタミン類を含有し肌をしっかり潤します。
  • 和漢植物エキス・・・5種類の和漢植物エキスが肌を整えます。
  • コメ胚芽油・・・100%コメヌカ由来で潤いを逃がしません。
  • 年齢、肌状態に関係なく使えます・・・敏感肌でも使えます

 

体全体

クリーム・・・ヒルドイドフォルテクリーム(HirudoidForteCream)

  • とにかく保湿したい人
  • アトピーの症状がある人

におすすめです。

 

体は顔と同じでお風呂上りすぐの保湿が必要です。このようなクリームを使うことで徹底保湿します。

 

「ヒルドイドフォルテクリーム」の特徴

  • ヘパリン類似物質を含有・・・ヘパリン類似物質であるムコ多糖体多硫酸エステルの働きにより、皮膚の乾燥を防ぎ、血行をよくする。

 

環境対策(部屋の湿度の低下を抑える簡単な対策)

 

乾燥対策において部屋の加湿も必要です。手軽に行える加湿法をご紹介します。

 

洗濯物を室内に干す

非常に簡単な加湿方法です。ただ“におい”を防ぐために、なるべく日光があたる窓側に干す必要があります。また消臭効果のある柔軟剤を使うのもいいです。

 

濡れタオルを室内に干す

洗濯物と同じ加湿法です。お風呂あがりに使ったバスタオルなどを部屋に干すだけで加湿効果を得られます。

 

洗面器やグラスに水を入れておく

非常にシンプルな加湿方法です。水が時間とともにゆっくりと気化して部屋をうるおしてくれます。

 

観葉植物を置く

植物は葉から水分を蒸発させる性質があります。その性質を利用して部屋を加湿できます。葉っぱが大きめのものを選ぶのがポイントです。葉が大きければ蒸発する水分量が増えるからです。おすすめは「ガジュマル」、「サンスベリア」、「ポトス」です。

 

霧吹きやルームミストを使う

消臭スプレーや除菌スプレー、ルームスプレー、水で薄めたアロマオイルを霧吹きでまく加湿方法です。ソファやベッドなどの布製品に吹きかけると加湿効果が上がります。習慣化しておくのもいいと思います。

 

食事対策(冬の乾燥肌を改善する食品の紹介)

 

食事から乾燥対策のアプローチです。

 

乾燥肌に必要な栄養素

タンパク質・・・コラーゲンのもとになります。また、肌の角質細胞内にある天然保湿因子(NMF)はアミノ酸が原料です。(タンパク質はアミノ酸が複数結合してできた物質です)

ビタミンA・・・肌のターンオーバーを活発にし、天然保湿因子の生成を促し、皮膚のうるおいをキープする。

ビタミンE・・・血液の循環を促し、新陳代謝を活発にします。また抗酸化作用により細胞へのダメージを防ぎます。

ビタミンC・・・コラーゲン合成を促し、体内の活性酸素を除去する働きがあります。

 

肌の乾燥を防ぐ脂質、タンパク質、ビタミンAが豊富に含まれています。また含まれるビオチンには皮膚を健康に保つ働きがあります。

 

納豆

タンパク質、ビタミンE、セラミドなどが含まれています。また含まれるポリグルタミン酸にはヒアルロン酸の10倍の保水力があります。

 

アボガド

ビタミンE、βカロテン、ビタミンCなどが含まれています。

 

パプリカ

普通のピーマンに比べてビタミンCが豊富に含まれています。

 

モロヘイヤ

βカロテン(体内でビタミンAに変換される)が豊富に含まれており、野菜の中でも最も多いです。ビタミンC、Eも含まれています。またネバネバである「ムチン」は強い抗酸化作用があります。抗酸化作用により活性酸素を抑え動脈硬化や生活習慣病を防げます。加え、タンパク質の分解を促し、目や胃腸の調子を整えます。

 

いわし、アジ、さば、マグロ

タンパク質、EPA、DHAが豊富です。

アトピー肌、乾燥肌の方におすすめDECENCIA 「アヤナスシリーズ」トライアルセット

アトピー肌、乾燥肌の方におすすめDECENCIA 「アヤナスシリーズ」 

アトピー、乾燥による敏感肌の方におすすめしたいDECENCIA 「アヤナスシリーズ」。初回限定でアヤナストライアルセットが期間限定で1480(税込み)

【花粉症対策訴求(3品)】アヤナストライアルセット

敏感肌の人

顔の炎症が気になる人

少しお金をかけてでもケアしたい人

におすすめのセットです。

 

「アヤナス」の特徴

・ストレスに対応するディセンシアオリジナル成分
・特許技術「ヴァイタサイクルベール」による肌の外部刺激からの防御
・炎症を抑制するコウキエキス配合
・ヒト型セラミドを配合

 

ストレスに対応するディセンシアオリジナル成分

1.タイトジャンクションを活性化させるパルマリン

タイトジャンクションは肌の細胞間結合の一つで正常に機能していれば肌の水分やカルシウムイオンの流出を防ぐことができます。パルマリンは海藻から抽出したエキスでそのタイトジャンクションを活性化させます。

 

2.血行促進を促すジンセンX

血行不良だと肌のターンオーバーの働きが弱くなり、くすみや吹き出物といったトラブルが現れます。ジンセンXは朝鮮人参から抽出したポーラオリジナル成分。

 

3.線維芽細胞を活性させるビルベリー葉エキス

線維芽細胞はコラーゲン、エラスチン、ヒアルロン酸といった真皮の成分を作り出す細胞です。肌のハリ、弾力、水分保持を作り出す役割があります。

 

特許技術「ヴァイタサイクルベール」による肌の外部刺激からの防御

 

肌表面に膜を張ることで、外部刺激から肌を防御します。加え、ヒト型セラミドをナノサイズにしてカプセル化したセラミドナノスフィアが肌に浸透し徹底保湿します。

 

炎症を抑制する「コウキエキス」配合

「コウキエキス」は中国南部に自生するクルミ科の常緑高木「黄杞葉(こうきよう)」のエキスでこれに含まれるアスチルビンは抗酸化作用、抗アレルギー作用で外部刺激によって起こる微弱炎症を効果的に鎮める働きがあります。また、黄ぐすみの原因となる肌の糖化を防ぐ作用が期待されます。このように、炎症を抑制しながらアンチエイジングを目的としたスキンケアも可能な成分です。

 

ヒト型セラミドを配合

アトピー肌の特徴にセラミド不足が挙げられます。そのため、肌の水分保持力が弱く乾燥しバリア機能も弱いためかゆみの原因になります。そのため、セラミドを補給する必要があります。化粧水などに配合されるセラミドの種類は「天然セラミド」、「合成セラミド」、「ヒト型セラミド」、「植物性セラミド」に分けられます。その中でも人間の体内の角質細胞間脂質に存在しているセラミドとほぼ同じ化学構造を持っているセラミドです。「合成セラミド」、「天然セラミド」と比較して肌への親和性が高いです。

 

すべての敏感肌の方へ

このアヤナストライアルセットは4つの製品で構成されています。

・化粧液 アヤナス ローション コンセントレート
・美容液 アヤナス エッセンス コンセントレート
・クリーム アヤナス クリーム コンセントレート
・アイクリーム アヤナス アイクリーム コンセントレート

 

化粧液であるアヤナス ローション コンセントレートはとろみのあるテクスチャで肌をしっとり潤わせます。夜塗れば朝まで、朝塗れば夜までしっとりします。

 

美容液であるアヤナス エッセンス コンセントレートは乳液のような白濁したテクスチャで肌への馴染みがはやく、うるおいはかなり感じられます。

 

クリームであるアヤナス クリーム コンセントレートは伸びがよく、肌にしっかり吸い込まれべたべたしないので、就寝時の使用にもストレスがありません。乾燥する冬でも朝までうるおいが持続できます。

 

アイクリームであるアヤナス アイクリーム コンセントレートは非常に伸びがよいテクスチャーです。塗った瞬間に肌に密着し、保湿力も高いので年中使えます。

 

この敏感肌のためのディセンシア アヤナス トライアルセット 10日間 1480(税込)、アトピー肌、敏感肌の方はぜひお試しください。

【花粉症対策訴求(3品)】アヤナストライアルセット

顔のアトピー持ちの方必見!!炎症を隠すメイク術

顔のアトピー持ちの方必見!!炎症を隠すメイク術

アトピーによる顔や首の色素沈着でお悩みの方は多いと思います。男性の方でも顔の赤みがあると人に良い印象を与えることができません。かといって治すにも費用と時間がかかります。そこで今回は、色素沈着を「治す」ではなく「隠す」ことにフォーカスをあてたいと思います。

それはメイクです。

メイクというと女性がするものというイメージがありますが、男性の第一印象を良くし、ニキビや肌あれを隠すことで自身の清潔感を向上させ女性からの好感度を上げることができます。

メイクをすることのメリット

1.      炎症による赤みを隠し、外見を良く見せる

2.      花粉、ちりなどの異物から肌を守れる

 

1.      炎症による赤みを隠し、外見を良く見せる

これは男性でもかなり重要です。影響力の武器第3版 なぜ、人は動かされるのか [ ロバート・B.チャルディーニ ]という本でも書かれていますが、外見的魅力の高い人は他者から高評価を得やすいです。(メラビアンの法則) 加え、就職面接ともなればなおさらです。私も新卒の就活時は顔の赤みがかなりひどい状態だったので、それが原因かもしれませんが結果は散々たるものでした。

 

2.      花粉、ちりなどの異物から肌を守れる

ファンデーションを塗り化粧膜ができることで空気中のあらゆる異物から肌を保護できます。私自身、特に顔を掻いた覚えもないのに会社で顔が赤くなることがあるので、通勤中に花粉で炎症を起こしてるのが原因だと思います。

 

必要な物

  • 化粧下地
  • コンシーラー
  • ファンデーション 

化粧下地

ファンデーションを塗る前に肌に土台を作るためのものです。また、化粧品が肌に直接接触したりしないようにしたりします。

役割 

  • 肌の色ムラを整える
  • 凹凸を整える
  • ファンデーションが崩れるのを防ぐ 

おすすめの化粧下地
草花木果  化粧下地 テカリ知らず化粧崩れの原因となる皮脂を吸収する麻を配合しており、化粧持ちを良くします。

 

 

 

 

た、化粧下地の代わりにオイルを使うこともお勧めします。下地が合わない場合はこちらをどうぞ。

 

 

 

コンシーラー

肌を部分的にカバーして、色素沈着やニキビ跡の赤みを隠し、肌の色を整えてみせます。別名、部分ファンデーションとも呼ばれています。 

役割

  • ファンデーションでカバーできない肌の色ムラを整える
  • 鼻、頬の赤みを目立たなくする

 

おすすめのコンシーラー

赤みがひどい場合は緑色(グリーン)がおすすめです。(私も使ってます)

 

 

ファンデーション

顔の毛穴や赤みを覆い隠して肌の表面を均等に整えます。 

役割

  • 肌をきれいに見せる
  • 肌を異物から守る

おすすめのファンデーション

ファンデーションにもいろいろな種類がありますが、ここでは肌にあまり負担をかけないパウダーファンデーションをご紹介します。
(ETVOS)ミネラルファンデーション スターターキットM

パウダーファンデーションは乾燥肌の人が使うとさらに乾燥してしまうイメージがありますが、この製品は肌を保湿コーティングし、肌にあまり負担をかけず、クレンジングを使わずとも普通の洗顔料で落とせます。
 

 

 

メイク方法

ベースメイク(ファンデーションを含めた肌に行うメイクのこと)の手順は、

1.      スキンケア

2.      化粧下地

3.      ファンデーション

以上の順番で行います。コンシーラーは製品により塗る順番が異なりますのでメーカー推奨の使用法を確認してください。

 

1.      スキンケア

化粧水、乳液などを使用してしっかり保湿してください。アトピー患者さんの場合は保湿クリームのヒルドイドを使用してもいいと思います。   

2.      化粧下地

1.      手の甲にパール粒大(約直径1cmくらい)とります。ちなみにあくまでも目安なので、自分の肌状態に合わせて適宜量を調節してください。顔全体に均一に伸ばせる量が必要です。

2.      下地を両頬、額、鼻、顎に置き、中指と薬指の第二関節まで下地をつけます。

3.      顔の中心部から外側に向かって均一に伸ばします。

4.      あごの下に伸ばします。

5.      髪の生え際に向かって伸ばします。

6.      鼻筋と小鼻を上から下に向かって伸ばします。

7.      目元、口元の細かい部分は指先に残った少量の下地で軽く塗ります。

8.      スポンジで押さえながら全体をなじませます。

 

3.      ファンデーション

1.      スポンジの3分の1程度にファンデーションをとります。

2.      まずは片頬ずつ取り、なでるように顔の中心から外側へ向けて塗っていきます。

3.      額は量を少なめに。(崩れやすいので)

4.      鼻も薄めに塗ります。

5.      目元、口元はスポンジで軽くおさえ、なじませます。

6.      顔と首の境目を目立たなくするため首筋に向けてスポンジを滑らせ、馴染ませます。

 

メイクの落とし方

必要な物

  • クレンジング剤

 

クレンジングは素早く

当然ながらメイクは就寝前には落とさないといけません。そして、クレンジング剤はできるだけ時間をかけずに素早くメイクを落とすことが必要です。(ファンデーションによってはクレンジング剤を使わず落とせるものもあります)どのようなタイプのクレンジング剤にせよ肌に負担をかけるものですし、アトピー肌ともなればなおさらです。ここでは私が使ったなかで肌に負担の少なかったミルクタイプのクレンジング剤を使用します。

 

クレンジング方法

1.      手を洗う

手についた雑菌が肌トラブルを引き起こす可能性があります。私は消毒剤で手を清潔にしてからしています。スキンケア全般、手を清潔にしてからを意識しましょう。

2.      クレンジング剤を出す。

手についた水をできるだけ落として、クレンジング剤を手に取りましょう。水が加わるとメイクが落ちにくくなります。

3.      Tゾーンから先になじませる。

額から鼻にかけての部分をTゾーンと呼びます。ここは顔の皮膚の中でも比較的皮膚が強いです。そこからクレンジング剤をのせ肌全体に伸ばしていきます。指でこすらず、時間をかけすぎないことです。

4.      ぬるま湯で洗い流す

お湯が熱いと肌が乾燥しやすくなり、冷たいとオイルが落ち切りません。クレンジング剤が残らないように徹底的にすすぎましょう。

アトピー患者さんにとって顔や首の赤みというのはコンプレックスだと思います。私自身この症状で非常につらい思いをしてきました。ですが、このような工夫でこのコンプレックスを隠すことができますし、私自身人前で堂々と立つことができるようになりました。特に鏡を恐れなくなりました。こういった創意工夫でアトピーと付き合っていくというのもいいと思います。

 

アトピーの発作的なかゆみを抑える方法

アトピーの発作的なかゆみを抑える方法

アトピーでつらいのはやはり“かゆみ”ですよね。今回はそんな“かゆみ”を抑える方法をご紹介したいと思います。

一次的なかゆみの止め方

かゆみを感じたときに抑える方法を紹介します。

冷やす

これが一番ベターですね。ヒスタミンの分泌量を抑え、なおかつ神経を一時的に麻痺させることができます。保冷枕のアイスノンが使いやすいと思います。
冷やす際には、保冷剤をタオルで巻き、直接肌に触れないようにして当てるのがいいです。ただ、冷やすのはかゆみを感じる部分だけです。体全体を冷やす必要はなく、そうした場合アトピーの悪化にもつながります。

 

つぼを押す

列缺(れっけつ)
手のひらの少し下くらい、人差し指、中指、薬指をそろえて、脈拍の上に薬指を置き、人差し指が触れる部分にあります。かゆみを抑える効果のほか顔のむくみ、まぶたのむくみを解消する効果があります。

合谷(ごうこく)
人差し指と親指の骨が合流するところからやや人差し指よりにあります。さわってわかる“くぼみ”があります。押し方は親指で押し、3秒押す、離すを繰り返します。効果はアトピーのほか頭痛、肩こり、精神不安、大腸にも効果があり“万能ツボ”といわれています。

曲池(きょくち)
腕を曲げてできるシワの一番端っこ。押して痛みを感じた所です。肩こり、首こりのほかに肌あれに効果があります。

 

植物の葉を使う

・ヨモギのしぼり汁を患部に擦り込む。

ヨモギの葉をちぎって、汁をかゆみを感じる部分に塗るのも効果があります。
また、ヨモギをお茶として服用すればアレルギー改善、美肌効果もあります。

ヨモギの葉の治療法を調べていたら、びわの葉にも効果があることがわかりました。かゆみを抑えれるかどうかはわかりませんが、アトピー改善効果は期待できそうです。

・びわの葉

アレルギー体質の改善効果があります。
びわの葉を2年以上の古い葉を40~50枚ほど拭いて1cmほどに刻みます。それをビンに入れ、35度以上のアルコールを葉の約3~5cm上になるように注ぎます。ビンを密栓し1カ月以上放置し、葉を取り出します。目安はアルコールの色が濃くなり、葉が黄色っぽく変色するころです。残ったアルコール分をエキスとして使用します。
使用法
・原液のままか水で倍量に薄めて患部に塗る。
・湿布する。
・水で薄め、スプレーする。

・原液のままか水で倍量に薄めて患部に塗る。

・湿布する
ガーゼやコットンにエキスを染み込ませて、湿布するように乗せます。加え、包帯やラップで乗せたガーゼを固定することで、エキスが患部にどんどん染み込んでいきます。

・水で薄め、スプレーする
エキス1:水4の比率で薄め、スプレーボトルに入れて患部に吹きかけます。患部の状態に合わせてエキスを徐々に濃くしていってもいいでしょう。

まとめ

アトピーのかゆみを一時的にとめる方法

  • 冷やす
  • つぼを押す
  • ヨモギのしぼり汁をかゆいところに擦り込む
  • びわの葉もアトピー改善効果がある。

アトピーを体内から良くしよう!!腸内環境改善の方法

肌の保湿、ステロイド、ほかにも規則正しい生活、ストレスをためないなどアトピーをよくするために色々と努力を払われていると思います。それでも症状が改善しないときはご自分の腸内環境を気にしてみてはいかがでしょうか?

腸内環境が悪いことによる問題

腸内環境、小腸の状態が悪いと小腸内の柔毛でアミノ酸に分解されるはずのタンパク質が分解されないまま残り、アレルギー症状を引き起こす原因のIgE抗体がそのタンパク質に反応し症状が起きます。特にタンパク質を多く含む卵、小麦、牛乳などで食物アレルギーを起こす場合がそうです。それから、小腸には人の免疫細胞が集中しているので、腸内環境が劣悪だとIgE抗体の量が増えアレルギーが悪化します。

腸内環境をよくするために必要なもの

・乳酸菌 

アトピーの場合はラクトバチルス・ラムノサス・GG(LGG)、フェカリス菌FK-23

・ビフィズス菌

 

ラクトバチルス・ラムノサス・GG (LGG菌)

乳酸菌は代謝により乳酸を産生する細菌類の総称で、腸内に常在しています。その中でもとくにアトピーに効果があると言われているのが、ラクトバチルス・ラムノサス・GG(LGG)です。

これは、フィンランドの大学で行われたアトピー症状を持つ妊産婦にLGG菌を与え、出生した子供のアトピーの発症率を調べる実験で、発症率が与えなかった妊産婦から出生した子供に比べ半分に低下したそうです。加え、すでに発症した子供に与えた場合でも症状に改善が見られたとの報告もあります。

LGG菌を摂取できる食品

タカナシ乳業

タカナシ「ヨーグルト おなかへGG!」100g

カナシ「ドリンクヨーグルト おなかへGG!」100ml

 LGG乳酸菌の入ったヨーグルトタイプとドリンクタイプです。やさしい酸味でデザート感覚でいただけます。加え、整腸作用もあります。

フェカリス菌 FK-23

健康な人の腸内にいるフェカリス菌、その仲間「FK-23」の加熱処理菌体では、免疫調節作用が強いとされています。そして「FK-23」を酵素溶解し、有効な成分を抽出したものがLFKです。

LFKの効果は、色素沈着抑制、抗アレルギー、酒さ治療などです。数々の特許を取得しています。 

赤ら顔になる酒さに対しては、LFKは治療剤としての効果が期待されています。

酒さ患者15名にLFK4週間投与した実験で、改善度の5段階評価で「紅斑」が2.6から1.73、「毛細血管拡張」が2から1.4、「顔面潮紅」が2.07から1.53へと投与による改善効果が見られました。加え、症状の悪化や副作用の報告もありませんでした。(特許 2944662 酒さ治療剤)

 

色素沈着に対しては、紫外線による色素沈着の抑制効果を示しています。

10匹のモルモットを2つのグループに分け、片方のグループにあらかじめLFKを与え、もう片方には与えずに紫外線を当て皮膚の色素変化を調査しました。結果、LFKを摂取したモルモットのグループは皮膚の日焼け、色素沈着が最大35%抑えられました。また、色素沈着に有用とされるビタミンCL-システインとの比較テストにおいても、LFKが抑制効果を示しています。(特許第4326905号 色素沈着抑制剤) 

 

アレルギーに対しては、アレルギー予防、アレルギー反応を抑制し副作用がみられない成分として特許を取得しています。

実験ではマウスをLFKを混ぜたエサを与えるグループ、通常のエサのみを与えるグループに分け、さらにアレルギー反応を引き起こす卵白アルブミン(アレルギー反応のシミュレーションに使われます)を投与します。さらに通常のエサのみを与えられたグループに抗アレルギー薬であるフマル酸ケトチフェンを与えます。結果、LFKを与えられたグループは与えられなかったグループと比べ有意にアナフィラキシー(急性のI型アレルギー)抑制効果が得られました。(特許第3040744号 抗アレルギー剤及びその製造法)

 LFKを配合しているサプリ

ルイスヴァージウェルネス株式会社

カルグルト(Calgurt) 初回限り980円(税込み・送料無料)

カルグルトはLFKの他、4種類の乳酸菌を配合しているサプリメントです。スティックタイプの袋に粉末が入っており、150ccの水に溶かして飲みます。味はヨーグルトのプレーン味に似ていると思います。

ヨーグルトを食べるだけではせいぜい1~2種類ほどの乳酸菌しか摂取できませんが、カルグルトならLFKの他、4種類の乳酸菌を摂取できます。加え、水に溶かして手軽に摂取できるのがいいですね。

 

 

アトピー持ちなら知っておくべき乾燥肌の原因とその対処

乾燥肌の原因

 

冬は肌が特に乾燥しやすい季節ではないしょうか?かくいう私もこの時期はアトピーがひどくなりがちです。本記事では乾燥肌の原因とその対処法について書いていきます。

肌の水分を保持する3大要素

肌がなぜ乾燥するのでしょう?

その説明に入る前に肌の水分を保持する3大要素について説明します。

  1. 皮脂膜

これは水分の蒸発を防ぎ皮膚の潤いを保持するもの。皮膚の皮脂腺から分泌される皮脂と汗が混ざったもの。

  1. NMF (天然保湿因子)

水分を保持する機能があるアミノ酸やミネラルなどの総称。

  1. 細胞間脂質

外部からの刺激、体内の水分の過剰な蒸散を防ぐ角質細胞同士の隙間を埋めるセラミド、遊離脂肪酸、コレステロールなどの脂質。

これらが肌の水分を保持しています。

乾燥肌の原因

  1. 皮脂量の低下

皮脂膜を構成する皮脂量が少なくなる。これで肌の角質層に刺激が伝わりやすくなる。

  1.   NMF(天然保湿因子)量の低下

    水分を保持できなくなり乾燥する。

  2. 細胞間脂質の減少

    保水機能が低下し、肌のバリア機能が低下する。ちなみにアトピー患者の肌はセラミドの量が通常と比べ3分の1しかありません。

これらが乾燥肌になる3大要因です。

乾燥肌の対策

乾燥肌をケアするには、水分を保持する3大要素を補うことです。

  1. 乳液、クリーム、美容液を使う。

皮脂膜の代わりに肌の水分の蒸散を防ぎます。                    

  1. アミノ酸を配合した化粧水を使う。

これでNMFを補い角質層の水分を保持する役割があります。

  1. セラミドが配合された化粧品を使う。

細胞間脂質の主成分であるセラミドを補うことで肌のバリア機能を向上させる。

乾燥肌対策に使える基礎化粧品

①日本機能性医学研究所


日本機能性医学研究所 DRSピーリングウォッシュ 120g DRSローション 115ml
常識を超えたセラミド濃度、理想的なヒアルロン酸の配合率
冬の保湿を考え、肌のやわらかさ、モチモチ感を実感できる。
正しい角質ケアでうるおいアップ!
 毎日のお手入れで自然に角質のケアができる。
皮膚科で処方できるレベル
機能性医学の考えをスキンケアに取り入れたブランド。
②オルビス株式会社



オルビス株式会社 アクアフォーストライルセット(アクアフォースマイルドウォッシュ アクアフォースローション アクアフォースモイスチャーの3点セット)
約0.02mmの角層をうるおいで満たす浸透力
その日の肌の調子、良さを左右する角層をうるおわせます。
新成分うるおいマグネットAQを配合
角層のすきまをうるおいで満たし、抱え込む。すぐにうるおい、ずっとうるおう。
100%オイルカット&水のチカラによるうるおい
肌を内側からしっかりうるおす保湿力 。
③日本オリーブ株式会社

日本オリーブ株式会社 オリーブキュア センシティブスキン トライアルセット
オリーブをベースとしたシンプルな処方
香料、着色料など6種類の無添加処方で敏感肌の方でも安心して使えます。
アロマオイルの心地よい香り
使用感にこだわりスキンケアの時間が癒しの時間に変わります。
素肌の力をたすける脂質、水分、天然保湿成分の3大要素
肌をすこやかに保つ必要な成分をバランスよく配合

アトピーの方におすすめ

①株式会社ラフィスコスメティック

ラフィスコスメティック ADリッチクリーム
抗体入りダチョウ卵黄エキス配合

黄色ブドウ球菌を不活性化し、かゆみの原因を止める。

肌のpHバランスを整える。

黄色ブドウ球菌が繁殖しやすいアルカリ性からpHバランスを整え、健やかな肌へ。

無添加ポリシー

防腐剤、界面活性剤、鉱物油、着色料、香料、アルコールは不使用。どの年代でも使える。

②Albert David Limited


 

 

 

 

 

ヒトプラセンタジェル
保湿成分や、ターンオーバー(細胞の生まれ変わり)を促進するエキスが配合されている。

直接クリームをお肌につけることで、若々しい、張りのあるお肌に蘇らせます。

肌のタイプや年齢を選ばずに使用できる。

乾燥肌、荒れ肌、脂性肌や、若い方、お年を召した方などすべての方にお使い頂けます。

 

 

 

アトピーの歴史

アトピーの歴史

発見から命名まで

こんにちは。

あなたはアトピーの歴史をご存じですか?今回はアトピーの歴史をまとめてみました。意外とみなさんご存じないのではないでしょうか?

アトピーって、結構最近の病気なんじゃないの?と思われますよね?

それが違うんです。

日本では1800年ごろ、江戸時代の文献に「雁瘡」(がんがさ)という皮膚病のことが書かれていて、これがアトピーじゃないかと言われてます。

そして、世界的には1892年フランスの医師、ベニエが子供のかゆみが出る原因不明の湿疹について研究し、「ベニエ痒疹」と呼び、これがアトピー性皮膚炎の世界初の記録だと言われています。彼は「かゆみの出る湿疹は、ぜんそくなどといった症状と一緒に起こる」という共通点を見つけました。

こんなに昔からあったんだ、と驚きますよね。

そして、20世紀に入り、体内に異物がはいると体に変わった反応が起こることを 「アレルギー」と呼ばれるようになりました。                 そして、喘息も異物に対する体の「アレルギー反応」ではないかと考えた人がいました。

それはアメリカ人医師のコーク(もしくはコカ)。

彼は、アレルギーが遺伝によって起こりやすいことに注目しました。1923年、それらの症状に対し、ギリシャ語で「奇妙な」「変わった」という意味の「アトピー」という名前をつけました。

その10年後、アメリカ人医師、ザルツバーガーが皮膚炎や喘息、アレルギー性鼻炎が深く関係していることに注目し、皮膚炎を「アトピー性皮膚炎」と呼びました。

しかし、ここでひとつの大きな疑問が生じます。アトピー患者の皆さんならすでに疑問を持たれていると思います。

当時、アトピー性皮膚炎と診断された患者のうち、3割の人は皮膚炎だけの症状で喘息もアレルギー性鼻炎も発症していなかったのです。

そう、「アトピー性皮膚炎」はアレルギーが原因なのか?

この原因については今も研究が進められています。

原因について最新の研究

アレルギーが原因なのか?という疑問についてひとつの答えが出ました。

2015年 4月に慶応義塾大学医学部とアメリカ NIH(国立衛生研究所)の研究グループが黄色ブドウ球菌などの細菌が異常に繁殖することによりアトピー症状が引き起こされることを解明しました。プレスリリースされた資料です。

実は40年以上も前からアトピー患者の皮膚に黄色ブドウ球菌が多数存在することがわかっていました。

ですが、このことが炎症の原因なのか、慢性炎症の結果なのかが長らく議論されてきました。近年の研究により皮膚表面には多種多様な細菌が住んでいて、アトピー症状が悪化したときに細菌の多種多様性が失われ、黄色ブドウ球菌がそのほとんどを占めるようになることがわかりました。ただ、動物での実験データがなかったため因果関係が証明できていませんでした。

この実験では人為的にアトピー性皮膚炎を発症させたマウスを作成しました。その皮膚からは黄色ブドウ球菌が大量に検出され、抗生物質で抗菌治療を行ったところ  正常な細菌バランスに戻り、症状が出なくなりました。

治療の未来

原因が判明したところで、治療法は大きく変わることになります。

皮膚上の細菌バランスを正常化する、つまり黄色ブドウ球菌だらけなのを正常の多種多様な細菌の集まりに戻す治療法が開発されることで、ステロイドに頼ることのない治療ができるかもしれません。

新しい治療法の開発に期待です!!

自分の症状 1/29

今現在の私の症状を載せます。

まずはふくらはぎ

 
ヒルドイドに混ぜたステロイド、リンデロン軟膏を塗ったおかげか少しよくなった感じ。プラス、ニキビ用の抗生物質の入ったクリームも塗っているのでそれの効果もあるのか。

次に腕。

冬の乾燥でひどくなってたが病院で受けたキレーション点滴で全体的に湿疹が引いてきた感じ。

普段使ってる化粧水、プラセンタのジェル、ヒルドイドで乾燥、かゆみと赤みは抑えれてる感じ。首の部分がまだ乾燥してるかな。

まとめ

全体的には落ち着いていますが、2日前に寝ている間に下半身のかゆみがひどくて、寝不足になっていました。やはり冬の乾燥による影響はあります。

顔のアトピーにお悩みの方へ。保湿クリームを使いませんか?

肌の保湿、ちゃんとできていますか?

間違った保湿していませんか?

私は保湿が十分でないせいで顔の皮膚がボロボロにはがれたり、強烈なかゆみを感じたことがあります。

ただ、正しい保湿がされていなければ効果はあるどころか”かゆみ”を引き起こす原因になります。

化粧品メーカーのラフィスコスメティックの【ADリッチクリーム】は、かゆみの原因を抑える成分の入った保湿クリームです。

このクリームはかゆみの原因を抑えるダチョウ卵黄エキスを配合しています。これは、かゆみの原因となっている黄色ブドウ球菌と戦うダチョウの高い免疫力を利用していて、乱れた角質層の肌表面を整えます。

加え、肌表面のpHバランスを整え、健やかな肌へと導きます。

特に肌のpH、あまり気にされる方はいらっしゃらないと思います。こちらのページで説明されていますが、健康な皮膚はpH 4.5~6.0の弱酸性です。乾燥肌はpH6.0のアルカリ性に傾いています。これが原因で、黄色ブドウ球菌などが繁殖しやすくなり、結果的にかゆみをもよおすことになります。

黄色ブドウ球菌の異常繁殖、肌pHのアルカリ性、これらトラブルの原因に向き合った保湿クリーム、ラフィスの【ADリッチクリーム】 はアトピー患者の方にお勧めです。

どうぞ使ってみてください。