アトピーをひどくする〇〇主義とは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサーリンク

アトピーをひどくする〇〇主義とは?

あなたはアトピーの完治を目指してたくさんの努力をしたけど、うまくいかずに悩んでしまい、そのストレスでさらに症状を悪化させてしまう、そんなことはありませんか?

「アトピーで悩まない人生を送りたい。」

「肌をきれいにして女性にモテたい」

「自分に自信を持ちたい」

そう考えてアトピー完治を目指すために努力しているけど、

「薬はちゃんと服用してるし、食事にも気を付けてるのにかゆみがなくならない。」

「あらゆる化粧水、乳液を使ってスキンケアしたけど肌がきれいにならない。」

「たくさん努力したのにアトピーが治らない。」

アトピー完治のための努力をしているけれども結果が全くでない、そのことで深く悩んでしまう。

そして、ストレスをためてさらに症状を悪化させる。そんな悪循環に陥ってはいませんか?

その原因はあなたが抱える〇〇主義です。

あなたが〇〇主義を抱えていると、

「これだけの努力をしたのに治らない」

「ずっと今のままなのか」

「なんで自分だけこんな目にあうんだ」

など現状を悲観してしまい最悪、鬱になってしまいます。

でも、〇〇主義を捨て去れば、

「確かに自分の肌は汚いかもしれないけど、でも、いいや」

「調子がいい日もあれば悪い日もあるけど、でも大体、パターンがわかってきたから対策はできる」

「顔の赤みがあるときはメイクで隠そう。」

など、〇〇主義を捨てることで、視点を変えてハッピーに生きることができるようになります。

そのアトピーをひどくする〇〇主義とは?

ズバリ、完治主義です。

アトピーを完全に治そうという考え方ですね。

アトピーを患っている方ならだれもが考えると思います。

アトピーを治して、より良い人生を送りたい、恋愛したい、などなど、考えると思います。

ステロイド、サプリメント、食事療法・・・etc

あらゆる治療法を試して、金銭、時間、精神面で消耗しきってしまっては元も子もありません。

それよりもアトピーを患っている自分自身を受け入れてあげる。

それが大事と考えます。

そして、完治主義から抜け出し、アトピーの症状とうまく付き合うことでストレスをためずによりよい生活を送り、人生を充実させる。

アトピーを患う自分自身を受け入れるには?

自分の考えうる限りの不安、恐怖を想像し、それを一旦、受け入れてしまうこと。

今よりもっとひどくなった自分を想像して、もしこんな状態になったらと考えてみることです。

例えば、最悪、仕事辞めて実家に帰ってゆっくり映画でも見てればいいか、それで、映画批評のブログなんか書いてアクセス集めるのもありだな、なんて考えるのもありです。

もしくは、家でプログラミングの勉強をして、仕事にするのもありです。

それで新たな道を切り開くのもありです。

そうすることで、症状がひどくなることに対する不安や心配になったりすることがなくなります。

ではなぜ完治主義から抜け出さないといけないのか?

完治主義から抜け出さないと二つのデメリットを抱えることになります。

  1. 完治しないことによるストレスで逆に症状を悪化させてしまう。
  2. 無駄な出費をしてしまう

1.については最初に書いた通りで自分の理想と現実とのギャップに悩んでしまいストレスをためてしまうことがあります。

2.については治療を焦るがあまり、高額なサプリメントや化粧品に手を出してしまい高額な出費をしてしまうことです。

それだけならまだいいですが、学術的に全く根拠のない治療をして費用面、身体面でダメージを負ってしまうことです。アトピーの治療、症状の緩和には時間がかかります。

なので、焦らずゆっくり良くなっていくのを待つのが最短で治す治療法だと思います。

また逆の考え方でアトピーであることのメリットもあります。

不摂生な生活をしているとそれが顕著な反応として現れるため、生活習慣の改善がしやすいです。

普通の人にはそれができずに生活習慣病を患って初めて改善に取り組むため、重症化しやすいです。

それだけアトピーの方は健康について敏感なセンサーを持っていると思っていいと思います。

まとめ

  1. アトピーを患う自分を受け入れてあげる。
  2. 最悪の状況を想定して受け入れる。
  3. 完治主義から抜け出さないと、症状の悪化、金銭面で苦労をすることがある。

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*