2017年 2月 の投稿一覧

アトピー持ちなら知っておくべき乾燥肌の原因とその対処

乾燥肌の原因

 

冬は肌が特に乾燥しやすい季節ではないしょうか?かくいう私もこの時期はアトピーがひどくなりがちです。本記事では乾燥肌の原因とその対処法について書いていきます。

肌の水分を保持する3大要素

肌がなぜ乾燥するのでしょう?

その説明に入る前に肌の水分を保持する3大要素について説明します。

  1. 皮脂膜

これは水分の蒸発を防ぎ皮膚の潤いを保持するもの。皮膚の皮脂腺から分泌される皮脂と汗が混ざったもの。

  1. NMF (天然保湿因子)

水分を保持する機能があるアミノ酸やミネラルなどの総称。

  1. 細胞間脂質

外部からの刺激、体内の水分の過剰な蒸散を防ぐ角質細胞同士の隙間を埋めるセラミド、遊離脂肪酸、コレステロールなどの脂質。

これらが肌の水分を保持しています。

乾燥肌の原因

  1. 皮脂量の低下

皮脂膜を構成する皮脂量が少なくなる。これで肌の角質層に刺激が伝わりやすくなる。

  1.   NMF(天然保湿因子)量の低下

    水分を保持できなくなり乾燥する。

  2. 細胞間脂質の減少

    保水機能が低下し、肌のバリア機能が低下する。ちなみにアトピー患者の肌はセラミドの量が通常と比べ3分の1しかありません。

これらが乾燥肌になる3大要因です。

乾燥肌の対策

乾燥肌をケアするには、水分を保持する3大要素を補うことです。

  1. 乳液、クリーム、美容液を使う。

皮脂膜の代わりに肌の水分の蒸散を防ぎます。                    

  1. アミノ酸を配合した化粧水を使う。

これでNMFを補い角質層の水分を保持する役割があります。

  1. セラミドが配合された化粧品を使う。

細胞間脂質の主成分であるセラミドを補うことで肌のバリア機能を向上させる。

乾燥肌対策に使える基礎化粧品

①日本機能性医学研究所


日本機能性医学研究所 DRSピーリングウォッシュ 120g DRSローション 115ml
常識を超えたセラミド濃度、理想的なヒアルロン酸の配合率
冬の保湿を考え、肌のやわらかさ、モチモチ感を実感できる。
正しい角質ケアでうるおいアップ!
 毎日のお手入れで自然に角質のケアができる。
皮膚科で処方できるレベル
機能性医学の考えをスキンケアに取り入れたブランド。
②オルビス株式会社



オルビス株式会社 アクアフォーストライルセット(アクアフォースマイルドウォッシュ アクアフォースローション アクアフォースモイスチャーの3点セット)
約0.02mmの角層をうるおいで満たす浸透力
その日の肌の調子、良さを左右する角層をうるおわせます。
新成分うるおいマグネットAQを配合
角層のすきまをうるおいで満たし、抱え込む。すぐにうるおい、ずっとうるおう。
100%オイルカット&水のチカラによるうるおい
肌を内側からしっかりうるおす保湿力 。
③日本オリーブ株式会社

日本オリーブ株式会社 オリーブキュア センシティブスキン トライアルセット
オリーブをベースとしたシンプルな処方
香料、着色料など6種類の無添加処方で敏感肌の方でも安心して使えます。
アロマオイルの心地よい香り
使用感にこだわりスキンケアの時間が癒しの時間に変わります。
素肌の力をたすける脂質、水分、天然保湿成分の3大要素
肌をすこやかに保つ必要な成分をバランスよく配合

アトピーの方におすすめ

①株式会社ラフィスコスメティック

ラフィスコスメティック ADリッチクリーム
抗体入りダチョウ卵黄エキス配合

黄色ブドウ球菌を不活性化し、かゆみの原因を止める。

肌のpHバランスを整える。

黄色ブドウ球菌が繁殖しやすいアルカリ性からpHバランスを整え、健やかな肌へ。

無添加ポリシー

防腐剤、界面活性剤、鉱物油、着色料、香料、アルコールは不使用。どの年代でも使える。

②Albert David Limited


 

 

 

 

 

ヒトプラセンタジェル
保湿成分や、ターンオーバー(細胞の生まれ変わり)を促進するエキスが配合されている。

直接クリームをお肌につけることで、若々しい、張りのあるお肌に蘇らせます。

肌のタイプや年齢を選ばずに使用できる。

乾燥肌、荒れ肌、脂性肌や、若い方、お年を召した方などすべての方にお使い頂けます。

 

 

 

アトピーの歴史

アトピーの歴史

発見から命名まで

こんにちは。

あなたはアトピーの歴史をご存じですか?今回はアトピーの歴史をまとめてみました。意外とみなさんご存じないのではないでしょうか?

アトピーって、結構最近の病気なんじゃないの?と思われますよね?

それが違うんです。

日本では1800年ごろ、江戸時代の文献に「雁瘡」(がんがさ)という皮膚病のことが書かれていて、これがアトピーじゃないかと言われてます。

そして、世界的には1892年フランスの医師、ベニエが子供のかゆみが出る原因不明の湿疹について研究し、「ベニエ痒疹」と呼び、これがアトピー性皮膚炎の世界初の記録だと言われています。彼は「かゆみの出る湿疹は、ぜんそくなどといった症状と一緒に起こる」という共通点を見つけました。

こんなに昔からあったんだ、と驚きますよね。

そして、20世紀に入り、体内に異物がはいると体に変わった反応が起こることを 「アレルギー」と呼ばれるようになりました。                 そして、喘息も異物に対する体の「アレルギー反応」ではないかと考えた人がいました。

それはアメリカ人医師のコーク(もしくはコカ)。

彼は、アレルギーが遺伝によって起こりやすいことに注目しました。1923年、それらの症状に対し、ギリシャ語で「奇妙な」「変わった」という意味の「アトピー」という名前をつけました。

その10年後、アメリカ人医師、ザルツバーガーが皮膚炎や喘息、アレルギー性鼻炎が深く関係していることに注目し、皮膚炎を「アトピー性皮膚炎」と呼びました。

しかし、ここでひとつの大きな疑問が生じます。アトピー患者の皆さんならすでに疑問を持たれていると思います。

当時、アトピー性皮膚炎と診断された患者のうち、3割の人は皮膚炎だけの症状で喘息もアレルギー性鼻炎も発症していなかったのです。

そう、「アトピー性皮膚炎」はアレルギーが原因なのか?

この原因については今も研究が進められています。

原因について最新の研究

アレルギーが原因なのか?という疑問についてひとつの答えが出ました。

2015年 4月に慶応義塾大学医学部とアメリカ NIH(国立衛生研究所)の研究グループが黄色ブドウ球菌などの細菌が異常に繁殖することによりアトピー症状が引き起こされることを解明しました。プレスリリースされた資料です。

実は40年以上も前からアトピー患者の皮膚に黄色ブドウ球菌が多数存在することがわかっていました。

ですが、このことが炎症の原因なのか、慢性炎症の結果なのかが長らく議論されてきました。近年の研究により皮膚表面には多種多様な細菌が住んでいて、アトピー症状が悪化したときに細菌の多種多様性が失われ、黄色ブドウ球菌がそのほとんどを占めるようになることがわかりました。ただ、動物での実験データがなかったため因果関係が証明できていませんでした。

この実験では人為的にアトピー性皮膚炎を発症させたマウスを作成しました。その皮膚からは黄色ブドウ球菌が大量に検出され、抗生物質で抗菌治療を行ったところ  正常な細菌バランスに戻り、症状が出なくなりました。

治療の未来

原因が判明したところで、治療法は大きく変わることになります。

皮膚上の細菌バランスを正常化する、つまり黄色ブドウ球菌だらけなのを正常の多種多様な細菌の集まりに戻す治療法が開発されることで、ステロイドに頼ることのない治療ができるかもしれません。

新しい治療法の開発に期待です!!