アトピーケア

スポンサーリンク

スポンサーリンク

その赤ら顔であなたの人生は90 %以上損しています。  人生の損失を取り戻す赤ら顔脱却マニュアル

こんにちは。

 

今日のあなたの肌の調子はいかがですか?

 

鏡で見てください。

 

ひょっとして赤くないですか?

 

鼻の周り、ほほのあたり、もしくは顔全体。

 

以前は私もアトピーが原因で顔全体が非常に赤く、ひどいときは何もしていないのにまぶたのあたりが腫れあがったこともあります。また、乾燥もひどく粉も吹いていました。

 

赤ら顔がひどいと、思った以上に精神的につらいです。

  • 鏡で顔を見るとき。
  • 人から「顔赤いよ」と指摘されたとき・・・。
  • 仕事や就活の場での低評価の原因。
  • 自信喪失。
  • 女性に相手にされない。

 

でも、赤ら顔が治ると・・・

  • 当然は肌はきれいになりますし、
  • 大幅な見た目改善につながります。
  • 仕事上での評価があがる。
  • 自分に自信が持てる。
  • そして、女性からの評価も高まるはずです。

 

肌をきれいにするメリットとは?

まず女性からの評価が上がります。

マンダムが10~20代の女性336名に対して行った意識調査の結果では、

男性の肌がきれいだと距離感が近くなると答えたのが全年代で70%。(アンケートに答えた人数336人)

また「肌がキレイな男性に対してどんなイメージを持つか?」に対して約半数以上の女性が「触れてみたくなる」と答えています。(アンケートに答えた人数336人)

参照記事 Can Can.jp 

 

 

このような理由から私もどうにか改善しようと、洗顔方法、化粧水、食事などあらゆる改善に取り組みました。

その経験から学んだ改善方法をまとめてみました。

赤ら顔で悩んでいるあなたもこの記事を参考にして、赤ら顔改善に取り組んでもらえればと思います。

 

 

この記事で伝えたいこと

赤ら顔には2つのタイプがあり、皮膚自体が赤くなるタイプには4つの原因があります。それぞれのケア方法もご紹介します。

 

赤ら顔の2つのタイプと4つの原因の治し方

赤ら顔の2つのタイプ

  1. 毛細血管が透けて見えるタイプ
  2. 皮膚自体が赤くなるタイプ

 


  1. 毛細血管が透けて見えるタイプ

皮膚の下にある毛細血管は通常、皮膚の表面からは見えません。毛細血管が自律神経の働きにより拡張と収縮を繰り返しますが、気温の急激な変化、緊張やストレスなどで血管が拡張して血流が増えると血管が透けてより赤く見えるようになります。

 

要因

  • 内分泌系ホルモン系機能障害
  • 自律神経の乱れ
  • 便秘、胃腸障害によるのぼせの状態が継続した場合
  • ステロイド外用剤により皮膚が萎縮した場合

 

ケア方法

毛細血管拡張が原因の場合は、光レーザーの治療で改善できます。フォトフェイシャル、フォトRF、Eライト、E-maxなどがあります。


 

  1. 皮膚自体が赤くなるタイプ

皮膚そのものが炎症を起こすタイプです。これには4つの原因があります。

 

皮膚自体が赤くなる原因1.菲薄化

症状

肌の赤みとヒリヒリとした痛みがあります。

 

原因

角質層奥の真皮はコラーゲンで構成されています。そのコラーゲンが豊富にあると肌のハリと弾力を与えてみずみずしく健康的な肌を保つ働きをします。

 

皮膚を守る皮脂が減り、角質層の水分が蒸発することで肌が乾燥し、無防備な状態になります。そこに異物が入り込み、その刺激で肌が炎症を起こします。

 

肌で炎症が起こるとコラーゲンの繊維がズタズタに切られてしまいます。そして、肌は薄く弱くなってしまいます。

 

この状態が肌の菲薄化です。そしてこれが肌の「赤み」の原因になっています。

 

ケア方法

  1. 水洗顔をする

水だけで洗って化粧水もつけないという洗顔です。

皮脂や細胞間脂質などを本当に余分なもののみを落とすことができて、洗顔料などによる肌への刺激も極力排除することができます。

朝だけの水洗顔でも十分に効果はあります。

特にニキビが繰り返しできて肌がテカる場合に効果的です。

 

  1. 洗顔料を使う場合は固形石鹸を使う

固形石鹸を使う理由は洗顔フォームには合成の界面活性剤が含まれているためです。

肌に必要な油分を洗い流して肌が荒れる原因になったり、シミの原因、ニキビの原因にもなります。固形石鹸には合成の界面活性剤は入っていないので、敏感肌の方には固形石鹸をお勧めします。

 

  1. 紫外線対策

紫外線も肌へ大きなダメージを与えます。

肌の内部に隙間がたくさんできて水分が蒸散し、表面のキメが乱れて、ゴワつき、ザラつきといった肌荒れの状態を引き起こします。また、ニキビの原因、アトピーの悪化の原因にもなります。

なので日焼け止めクリームを塗っておくことが必要です。

 


皮膚自体が赤くなる原因2.乾燥

症状

強いかゆみを感じます。

 

原因

菲薄化と同じで肌が薄く弱くなることが原因です。

 

ケア方法

こちらも菲薄化のときと同じです。

 

 


皮膚自体が赤くなる原因3.ニキビ跡

症状

ニキビができた跡が赤く残ります。

 

原因

ニキビは治れば炎症も治まって赤みも消えていきますが、完治しないうちに新しいニキビができるといった状態を繰り返すと、炎症が治まらない状態が続き、色素沈着を起こして顔の赤みを引き起こします。

 

ケア方法

  1. ビタミンC配合の化粧品を使う

ビタミンCの作用で赤みの原因である色素沈着を引き起こすメラニンの生成を抑えます。そして、ターンオーバーを促進させ肌を回復させることができます。

 


皮膚自体が赤くなる原因4.アトピー

症状

激しいかゆみ、ひどい乾燥と炎症により赤くなる。

 

原因

掻きむしることで肌の角質層がはがれ、ターンオーバーサイクルが早まり、これにより未成熟な細胞が肌をつくることで、肌が薄くなり毛細血管が透けて赤ら顔になります。

 

ケア方法

  1. 専門医に相談する。

症状の重さに応じて治療法を変える必要があります。専門医に相談して治療法を決めるのがベストです。

 

  1. ステロイド外用薬の使用

皮膚の炎症を抑えるために使います。重度の症状の方に処方されることが多いです。ただし、副作用がありそれによって顔が赤くなることがあります。

 

  1. プロトピック軟膏

ステロイドと同じくらいの効果があり、長期間の使用でも皮膚の萎縮や血管拡張を起こさず顔の赤みに有用です。ただし、刺激性が強くほてりを感じることがあります。

 

  1. 洗顔は肌をこすりすぎないようにする。

皮脂膜を取ってしまい、外部の刺激を受けやすくなります。

 

  1. 化粧水をつけるときはコットンを使わない。

コットンの繊維が肌に負担をかけるので、化粧水をつけるときは清潔な手で押さえるようにつけましょう。


 

まとめ

 

毛細血管が透けて見えるタイプ(毛細血管拡張が原因の場合)

  • 光レーザーの治療。フォトフェイシャル、フォトRF、Eライト、E-maxなど。

 

皮膚自体が赤くなるタイプ

  1. 菲薄化が原因
  • 水洗顔をする
  • 洗顔料を使う場合は固形石鹸を使う
  • 紫外線対策

 

  1. 乾燥が原因
  • 菲薄化のときと同じ

 

  1. ニキビ跡が原因
  • ビタミンC配合の化粧品を使う

 

  1. アトピー
  • 専門医に相談する。
  • ステロイド外用薬を使う
  • プロトピック軟膏を使う
  • 洗顔は肌をこすりすぎないようにする。
  • 化粧水をつけるときはコットンを使わない。

 

このように赤ら顔には様々な原因がありますので、ご自身の肌の状態に合わせて適切なケア方法を選ぶことが必要です。

一か月で「乾燥肌」を「美肌」に変える方法

一か月で「乾燥肌」を「美肌」に変える方法

 

こんにちは。

 

あなたは今、乾燥肌に悩まされていませんか?

 

特にアトピーの方は大変に悩まされていると思います。

 

私もその一人です。

 

乾燥肌が原因で皮膚がはがれる、かゆみが出る、またニキビの原因になっている。

 

本当につらいと思います。

 

乾燥肌を早く治して、サラサラと肌さわりの良くて、見た目にもきれいで、女性から評価されるような美しい肌にしたくないですか?

1カ月で汚く見える「乾燥肌」から女性の目を惹く「美肌」に変身しましょう。

洗顔、

乾燥肌を治すことがスキンケアの第一歩といっても過言ではないと思います。

 

それでは行きましょう!

 

乾燥肌の原因とは?

外的な要因として、冬場は大気の乾燥や皮脂、汗の減少など、夏場は冷房や紫外線の影響などで乾燥してしまうことがあります。

 

よくあるのが季節の変わり目に症状がひどくなる原因でもあります。

アトピー持ちの方はよく経験されているのではないでしょうか?

 

肌内部の症状としては皮脂分泌量の低下、うるおい成分である角質細胞間脂質や天然保湿因子(NMF)の減少などにより肌の水分量が不足し、角質層の保湿機能やバリア機能が失われている状態です。そして、角質層の水分保持機能が低下し、乾燥肌を引き起こします。

 

また遺伝的に角質細胞間脂質の一種セラミドが少ないアトピー性皮膚炎も重症な乾燥肌を生じる原因の一つです。

 

乾燥肌を引き起こす3つのポイント

  1. 皮脂量の低下
  2. 天然保湿因子(NMF)量の低下
  3. 角質細胞間脂質の一種であるセラミドの減少

 

  1. 皮脂量の低下

皮脂により作られる皮脂膜は、外界の刺激から肌を保護し、水分の蒸散を防ぐという役割を果たしています。皮脂の分泌量が低下すると、ダイレクトに刺激が角質層に伝わりやすくなり、かゆみなどの症状を引き起こします。

 

  1. 天然保湿因子(NMF)量の低下

角質細胞内に存在するNMFはアミノ酸類、乳酸、尿素、クエン酸などからなり、水分を抱え込む性質がある。肌荒れした肌の状態を分析すると健康な状態と比べ、主成分であるアミノ酸やPCA(ピロリドンカルボン酸)量が著しく減っていることがわかります。

 

  1. 角質細胞間脂質の一種であるセラミドの減少

角質細胞同士の間を埋めて細胞同士を密着させる役割を担っているのが角質細胞間脂質です。セラミドが50%占めていて、他の脂質を一緒に立体構造となり保水します。これが足りなくなると保水機能も低下し、乾燥肌の原因になります。

アトピー性皮膚炎の方はセラミドの量が通常の方と比べ3分の1ほどしかありません。刺激に対して無防備なため様々なアレルゲンが肌に侵入しやすい状態です。

 

乾燥肌はこのようなことが原因で引き起こされます。

 

記事の目的

では、乾燥肌の原因が分かったところで今日は、

 

乾燥肌の改善法

 

コスメの紹介

 

お伝えします。

 

どうやって?

洗顔法

洗顔をすると、角質層にある細胞間脂質、NMF、皮脂を肌から流出させてしまいます。化粧を落とすクレンジングよりは流出するリスクは低いですが、それでも乾燥肌を引き起こすリスクはあります。

 

改善法

洗顔は夜だけ!

洗顔によって失われた細胞間脂質、NMF、皮脂は約24時間かけて修復されるので、朝に洗顔をしてしまうと回復した細胞間脂質、NMF、皮脂が再度洗い流されてしまい、肌を無防備な状態にすることで、より乾燥が進んでしまいます。

 

やさしく、こすらない

角質層に物理的なダメージを与えないことが大事です。とくに摩擦をすることは、乾燥肌にとってダメージが大きいです。

なので洗顔の際は、

  • 石鹸はよく泡立て、指が肌に触れないようにする。
  • Tゾーンから洗いはじめて、乾燥しがちな頬や目元は最後に泡を乗せる程度で。
  • 短時間で終わらせる。

これらをとにかく意識して洗顔を行ってください。

 

 

しっかり睡眠をとる

 

睡眠中に成長ホルモンが分泌されることで、

ターンオーバーの正常化:肌が外部から受けたダメージ、傷、紫外線の影響などからの回復を早くできます。

肌のうるおいを保つ効果:成長ホルモンはヒアルロン酸を作り出す繊維芽細胞を活性化ささせる働きがあり、肌のうるおいを保つことができます。

肌の老化を防ぐ:老化の原因となる紫外線によるダメージを回復させたり、水分量の低下を防ぐこともできます。

 

就寝後から3時間に成長ホルモンが多く出る。

就寝後、最初のノンレム睡眠90分、レム睡眠90分の合計180時間(3時間)の間に多く成長ホルモンが分泌されることがわかっています。大切なのは「寝始めてから3時間をいかに深く眠るか」です。

 

就寝後3時間に深く眠る方法

  • 就寝前2時間、少なくとも1時間は食事をしない
  • もし食事をしたら運動などで、血糖値を下げる
  • 就寝前1時間に入浴して身体を温めて、就寝前に体温が戻っているようにする。

 

食事の改善

肌の代謝に関わるビタミン類を摂る

 

ビタミンA

うなぎ、チーズ、卵、緑黄色野菜に含まれています。

動物性食品に含まれるレチノール、緑黄色野菜に含まれるβカロテンがあります。

 

  • 肌のターンオーバーを活発にする。
  • 皮脂膜、NMFの生成を促し、皮膚や粘膜のうるおいをキープ。

 

ビタミンB群

B2は卵、納豆、乳、葉物野菜。B6はかつお、まぐろ、肉、バナナに含まれています。

B2が欠乏すると、ターンオーバーが乱れ、乾燥、ニキビなどの肌荒れが起きやすくなります。B6は肌トラブルの原因になるホルモンバランスの乱れを整えることができます。

 

  • 肌のターンオーバーを正常に保つ。
  • 皮膚や粘膜の健康を維持する。

 

ビタミンE

ナッツ類や西洋かぼちゃ、アボガド、アーモンド、大豆に含まれています。

若返りのビタミンとも呼ばれ、血行促進や肌のバリア機能の強化など。

 

  • 血液の循環を促進し、肌の新陳代謝を活発にする。
  • 肌のバリア機能を高める。
  • 高い抗酸化作用があり、細胞へのダメージを防ぐ。

 

ビタミンC

いちご、キウイなどのフルーツ。野菜やイモ類などに含まれています。

美肌には必須の水溶性ビタミンの一つ。肌の弾力を維持したり保湿に役立つコラーゲンの生成に必要。

 

  • コラーゲンの合成を促進。
  • 体内の活性酸素を除去する。

 

 

おすすめのコスメ

ZIGEN オールインワンフェイスジェル

ZIGEN オールインワン フェイスジェル

コスパにこだわり、スキンケアの手軽さを重視するならZIGEN オールインワンフェイスジェルを選びましょう。

 

メリット

  1. オールインワンであるため、化粧水や乳液を複数用意する必要がない。
  2. 3980円で2カ月使用でき、1本で保湿が完結するためコスパが高い。
  3. セラミドを配合し、保湿力が高いため乾燥肌のケアができる。
  4. ジェルの伸びがいい。
  5. 口コミ評価が高い。

 

いろんなサイトで紹介されていて、メンズコスメにおいて保湿するうえで何を使っていいかわからなければ、まずはこれを使ってみるべきだと思います。

 

価格

3990円(税込み)

特徴

セラミド、ヒアルロン酸、コラーゲンが配合

2カ月使えるボリューム

オイル、アルコール、パラベン無添加

 

スキンケアにおいて最も重要なのが「保湿」です。

化粧品を選ぶ際はこの「保湿力」に注目しましょう。

「保湿力」を見極めるポイントとして「保湿成分」を確認することが必要です。

このZIGENにはセラミドが配合されています。

このセラミドは角質細胞同士の間を埋めて細胞同士を密着させる役割を担っている角質細胞間脂質の一種で、肌の保湿成分としての機能を持っています。

セラミドは原料が高価であるためか市販の安価なコスメにあまり含まれていません。ですので、市販品よりは高価に感じるかもしれませんが、その分上質な保湿ケアができると思います。

 

まとめ

一か月で乾燥肌を治すために今すぐにやること

  1. 洗顔は夜だけ。洗うときはやさしく、こすらずに。
  2. しっかりした睡眠をとる。特に就寝後3時間は深く眠れるように。
  3. 食事の改善。ビタミンA,B,C,Eを摂取できるように。サプリメントもアリ
  4. オールインワンコスメを使って徹底保湿!

あなたの人生を変えるかもしれないスキンケアの必要性

なぜスキンケアをするべきなのか?

そこのあなた。

質問があります。

 

 

 

 

 

今のあなたは人生に満足していますか?

 

 

 

 

 

 

 

 

希望通りの会社、部署で結果を出し、上司に評価されている。

 

他の男の目を引くようなかわいい彼女がいる。

 

誰に対しても第一印象で好感を与えられる・・・などなど、

 

もしこのような状態に今いらっしゃるならこの記事は読む必要はありません。

 

 

 

 

逆に、そうじゃない人。

 

やりたくない仕事をするが、上司や周囲からも評価されない。

 

彼女がいない。どころか、まともに女性とも関われない。

 

まず第一印象で相手に不快感を与えてしまう・・・など

 

 

 

 

 

 

 

 

 

それってすべてあなたの肌が原因じゃないですか?

 

 

 

 

 

 

 

鏡で自分の顔を見てください。

 

どうですか?

 

イケメンですか?

 

ブサイクですか?

 

人に好感は与えられそうですか?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そして、肌はきれいですか?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

もし、あなたの肌が“ニキビ”、“アトピーで荒れているのなら、“スキンケア”をすることであなたの人生を大きく変えることができるかもしれません。

 

 

 

肌をきれいにする7つのメリット

 

1.    自分の外見次第で周囲の反応が変化することがわかる
2.    女性からモテる
3.    ビジネスシーンで評価されるようになる
4.    自分に自信がつく
5.    自分の本当の価値に気が付ける
6.    心地よい気分で過ごせる
7.    さらに外見の魅力があがる

 

 

 

 

 

 

 

 

男性は女性と違い、派手なメイクで自分を魅せることができません。

 

その代わり、素肌で勝負しています。

 

そう、男性だからこそスキンケアが必要だと言えます!!

 

迷っているヒマはありません。あなた自身の人生を変えるために行動を起こすべきです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

スキンケアと一口に言っても、「何からしていいか、わからない」と、困惑しますよね。私もそうでした。

 

しかし、実際には少しの習慣を取り入れるだけで、慣れてしまえば簡単です。

 

莫大な時間や莫大なお金をかける必要はありません。

 

このまま汚い肌でいて、そのせいで本来の自分の魅力を出せないとしたら最悪ですよね。

 

今ここで第一歩を踏み出しませんか?

 

 

 

 

私が自己紹介のページでお話したとおり、スキンケアにより人生の中で色々な変化が起きました。肌はそれだけ重要な要素ということです。

 

 

 

 

 

 

 

スキンケアの重要性がわかったところで・・・

 

この記事では、まずスキンケアの必要性について述べ、だれでも手軽に始められるスキンケアの方法について伝えていきます。

 

まずは簡単なところからトライしてみましょう。

 

 

 

 

 

 

 

まずはこれからスキンケア

まずはスキンケアにおいて重要な洗顔の方法から、現在のあなたの肌が“赤みを帯びている”、“乾燥していて、皮膚がはがれる”などの症状で悩んでいるのなら少しの工夫でケアできます。

 

 

 

 

 

STEP.1 まずは洗顔料を使わずにぬるま湯だけで洗う

 

この洗顔のメリットは、皮脂を取りすぎてしまわないことにあります。

 

アトピー肌や敏感肌、乾燥肌の人は皮脂の量がもともと少ないので取りすぎてしまう原因になり、肌のバリア機能を失ってしまうことになります。

 

また、皮脂の落としすぎがニキビの原因にもなります。

 

また、少しお金がかかりますが市販の安価なものでなく上質な「洗顔用の石鹸」を使うのもありだと思います。先ほど述べた皮脂を取りすぎることもなく肌荒れや乾燥、ニキビを防げます。

 

洗顔方法

  1. 洗顔料を使わずにぬるま湯(30~35 ℃程度)を両手にすくい、パシャパシャやさしく洗う。
  2. お金に余裕があるなら「上質な洗顔用の石鹸」を使うのもあり

 

STEP.2 あとは保湿を!!

 

洗顔のあとは保湿です。洗顔の後は急激に乾燥してしまい、肌が無防備な状態になってしまいます。そして、洗顔後の保湿は美肌を目指すうえで欠かせません。

 

ですが、化粧水、乳液、美容液などなど安価なものから高価なものまでたくさんあり、選ぶのが本当に大変だと思います。また、自分の肌に合う、合わないといった問題もあります。

 

今日のこの記事ではアトピー肌の方に大変好評なローションをひとつだけ教えます。その他たくさんの商品がありますが、それは別の記事で紹介します。

 

“もずの魔法ローション”

こちらはアトピー肌向けのローションです。

 

これはもずくや昆布などの海藻に含まれるフコイダンを呼ばれるヌルヌルとした成分を配合していて、これが乾燥した肌をしっかり守る保湿効果を持っています。

 

もずの魔法ローションはそのフコイダンを有効成分として配合しており、皮膚の上にバリアを張り、乾燥を防ぐのはもちろん外部の刺激から肌を守るのでかゆみが出にくくなります。

 

また界面活性剤や防腐剤などの添加物が入っていないので安心して使えます。

 

アトピー肌や敏感肌、乾燥肌の方は一度試してみてください。

 

 

今すぐ~本日のまとめ~

 

今日の内容は簡単なスキンケアの改善法でした。今すぐ、ぬるま湯だけで顔を洗い、保湿を朝夜の2回実践してください。

 

これらのスキンケアの積み重ねがあなたの人生にとって大きな変化を生みます。

 

今まで満たされてこなかったあなたの人生をまずは少しのスキンケアから変えていきませんか?私のプロフィール記事に書いてあるようなことがあなたにも起きると思います。

 

次回以降の記事ではスキンケアにさらに+αする方法を紹介します。

アトピー地獄から抜け出し彼女を作ったはなし~自己紹介~

アトピー持ちアラサー童貞が、高価な化粧水、乳液を

使わずにエステに行くこともなく、時間もかけずに、

一か月で汚肌をきれいにして第一印象を変貌させ女性に

モテることは本当に可能なのか?

 

はい、可能です!


これからアトピー、ニキビなどの皮膚症状で顔がボロボロだった男が ”ある方法” で、美肌イケメンに変身し、彼女を作るまでの道のりを全て話したいと思います。

正直なところ、わかる人にしかわからない生々しく、暗い話です。

ですが、今この病気で苦しんでいる人でも確実に変われる、人生を変えられるということを理解していただくために、すべてお話しします。
ボロボロの状態から美肌イケメンになるまでの流れを見てあなたの今後のスキンケアにお役立てください。

 

 

 

 

 

 

3才の頃からアトピーでした


子供の頃は首まわりの湿疹、手足に少し症状があるだけで、重症ではなかったです。顔には全く症状もなく、きれいでした。

小学生の頃は足の症状で、ガーゼを貼って、包帯を巻いたりしていました。たまに目の周りが赤くなるなどの症状がありましたがすぐに薬で治療できるものでした。

定期的に皮膚科に通い、ステロイドをもらい、塗って少し症状を落ち着ける。

その繰り返しでした。

「大人になれば治る」

何度もそう言われ続けました。

だとしたら、そうなんだろうとその時はぼんやり考えていました。

ですが、現実はそうはいきませんでした。

 

 

 

 

 

18歳の頃からの急激な症状悪化

 

専門学校の進学を控えた高校3年の頃から、首の症状が悪化しました。小学生から中学生までは症状が出なかったのですが、急激に悪化しました。

 

 

そして、専門学校に進学したその年から顔のかゆみ、赤み、腫れなどの急激な症状がでました。

人から顔が赤い、と言われたときはものすごく傷つきました。それがストレスとなってさらに症状がひどくなる。

 

 

 

 

当然、彼女もできない。

 

 

 

 

 

そんな調子で、皮膚科の薬で症状をある程度は抑えつつ、学校を卒業し、就職しました。

就職すれば何か自分の人生が変わるのだろうと、彼女ができるのだろう、仕事で大きな成果を挙げたりするのだろうと思っていましたが、結局なにもありませんでした。

 

 

 

 

ただアトピーがひどい、それだけ。

 

 

なんとかこの絶望的な状況から脱したい、それだけを考えました。

 

 

 

 

 

 

月10万円の投資が水の泡

 

とにかく高価な化粧品を使えばよくなるのだろうと思い、化粧水、美容液、乳液、パック、エステなど月10万円近くはスキンケアに投資していました。

 

 

ネットで人気のある商品のほとんどを試しました。

それこそ毎月の給料の大半をつぎ込んで。

 

 

 

ですが、症状は一向によくならず、むしろ悪化していきました。

 

 

何かが根本的に間違っているのだろう、スキンケアについて・・・そう思いましたが、そもそも肌の仕組みについて全く知識がないので、途方にくれるだけでした。

 

 

 

 

 

そんなときに出会ったのが “この方法” でした

 

アトピー治療、スキンケアの情報を求めてネットサーフィンをしていました。

 

 

 

気付けばアラサーでした。そろそろ結婚もしたい、そう思って本当に焦っていました。
そんなとき、”この方法”に出会いました。

 

 

 

高価な化粧水、乳液を使わず、エステにいくこともなく、しかも時間をかけずに肌をきれいにする。

 

 

 

 

 

そして、女性にモテる。

 

 

 

 

 

そんなうまい話しがあるわけない、最初はそう思いました。

 

 

 

ですが、その内容を見るとなぜ化粧水や乳液で肌が潤わないのか、時間をかけてはいけないのか、という説得力のある内容でした。

 

 

思い起こせば、洗顔後に急いで化粧水や乳液をつけてたけど、結局肌はガサガサ。

それでも、化粧水や乳液をつけるのはスキンケアの常識だと思って、何も考えずにパシャパシャつけてました。

 

 

 

それが全く効果がなかったなんて!!

 

 

 

 

他にも洗顔法、食事、入浴、運動などスキンケアに関する詳細な内容が書いてありました。

迷わず私は実践しました。

今まで使っていた化粧水や乳液を捨て、洗顔法も変えました。

 

 

 

 

 

 

 

そして、ひと月ほどで肌の症状が緩和されました。

乾燥し、白い粉があごまわりにこびりついていたのがなくなり、鼻やあごまわりに出来ていたニキビも減っていきました。

 

 

 

 

 

 

 

圧倒的です。
私は”この方法”を継続することにしました。

 

 

 

 

 

 

 

女性の反応が変わった

それからさらに数か月後、普段あいさつをあまりしない他部署の年下女性から朝、向こうからあいさつされるようになりました。

 

 

 

 

僕の顔をしっかり見て、にっこりと。

 

 

 

 

以前とは異なる反応です。

 

 

 

 

 

他にも先輩女子社員から「肌きれいになったね」と言われたり、スキンケアの話題で飲み会が開けるぐらいでした。
それぐらい女性との接触が増えて、自然と会話もうまくなりました。

 

 

 

 

 

そして、僕にあいさつをしてくれるようになった年下女性と付き合うことができました。

 

 

 

 

圧倒的な変化です。

 

 

 

 

肌は男の第一印象を決める、ということが本当によくわかります。

 

 

正直、第一印象が悪いとそれだけで相手に嫌われます。

相手が同性であっても同じです。

 

 

 

 

想像してみてください。

自分の会社に営業に来た人間の肌がニキビだらけアトピーで赤かったら・・・。

きっといい印象は抱かないでしょう。

 

 

 

 

 

 

正直、私もそのことで本当によく悩みました。

なので”この方法”を実践し、肌がきれいになって、人生が大きく変わったと感じています。

青汁をアトピーのケアに導入するべき理由

青汁をアトピーのケアに導入するべき理由

アトピーのケアに導入するアイテムとして青汁はいかがでしょうか?

 

簡単に不足した栄養が補えるなど様々な特徴がテレビCMで宣伝されています。

 

そんな青汁をアトピーのケアに導入するべき理由を紹介します。

  1. アトピーケアに必要とされる栄養素がたっぷり入ってること。
  2. デトックス作用がある。
  3. おすすめの青汁

続きを読む

アトピー肌、乾燥肌の方におすすめDECENCIA 「アヤナスシリーズ」トライアルセット

アトピー肌、乾燥肌の方におすすめDECENCIA 「アヤナスシリーズ」 

アトピー、乾燥による敏感肌の方におすすめしたいDECENCIA 「アヤナスシリーズ」。初回限定でアヤナストライアルセットが期間限定で1480(税込み)

【花粉症対策訴求(3品)】アヤナストライアルセット

敏感肌の人

顔の炎症が気になる人

少しお金をかけてでもケアしたい人

におすすめのセットです。

 

「アヤナス」の特徴

・ストレスに対応するディセンシアオリジナル成分
・特許技術「ヴァイタサイクルベール」による肌の外部刺激からの防御
・炎症を抑制するコウキエキス配合
・ヒト型セラミドを配合

 

ストレスに対応するディセンシアオリジナル成分

1.タイトジャンクションを活性化させるパルマリン

タイトジャンクションは肌の細胞間結合の一つで正常に機能していれば肌の水分やカルシウムイオンの流出を防ぐことができます。パルマリンは海藻から抽出したエキスでそのタイトジャンクションを活性化させます。

 

2.血行促進を促すジンセンX

血行不良だと肌のターンオーバーの働きが弱くなり、くすみや吹き出物といったトラブルが現れます。ジンセンXは朝鮮人参から抽出したポーラオリジナル成分。

 

3.線維芽細胞を活性させるビルベリー葉エキス

線維芽細胞はコラーゲン、エラスチン、ヒアルロン酸といった真皮の成分を作り出す細胞です。肌のハリ、弾力、水分保持を作り出す役割があります。

 

特許技術「ヴァイタサイクルベール」による肌の外部刺激からの防御

 

肌表面に膜を張ることで、外部刺激から肌を防御します。加え、ヒト型セラミドをナノサイズにしてカプセル化したセラミドナノスフィアが肌に浸透し徹底保湿します。

 

炎症を抑制する「コウキエキス」配合

「コウキエキス」は中国南部に自生するクルミ科の常緑高木「黄杞葉(こうきよう)」のエキスでこれに含まれるアスチルビンは抗酸化作用、抗アレルギー作用で外部刺激によって起こる微弱炎症を効果的に鎮める働きがあります。また、黄ぐすみの原因となる肌の糖化を防ぐ作用が期待されます。このように、炎症を抑制しながらアンチエイジングを目的としたスキンケアも可能な成分です。

 

ヒト型セラミドを配合

アトピー肌の特徴にセラミド不足が挙げられます。そのため、肌の水分保持力が弱く乾燥しバリア機能も弱いためかゆみの原因になります。そのため、セラミドを補給する必要があります。化粧水などに配合されるセラミドの種類は「天然セラミド」、「合成セラミド」、「ヒト型セラミド」、「植物性セラミド」に分けられます。その中でも人間の体内の角質細胞間脂質に存在しているセラミドとほぼ同じ化学構造を持っているセラミドです。「合成セラミド」、「天然セラミド」と比較して肌への親和性が高いです。

 

すべての敏感肌の方へ

このアヤナストライアルセットは4つの製品で構成されています。

・化粧液 アヤナス ローション コンセントレート
・美容液 アヤナス エッセンス コンセントレート
・クリーム アヤナス クリーム コンセントレート
・アイクリーム アヤナス アイクリーム コンセントレート

 

化粧液であるアヤナス ローション コンセントレートはとろみのあるテクスチャで肌をしっとり潤わせます。夜塗れば朝まで、朝塗れば夜までしっとりします。

 

美容液であるアヤナス エッセンス コンセントレートは乳液のような白濁したテクスチャで肌への馴染みがはやく、うるおいはかなり感じられます。

 

クリームであるアヤナス クリーム コンセントレートは伸びがよく、肌にしっかり吸い込まれべたべたしないので、就寝時の使用にもストレスがありません。乾燥する冬でも朝までうるおいが持続できます。

 

アイクリームであるアヤナス アイクリーム コンセントレートは非常に伸びがよいテクスチャーです。塗った瞬間に肌に密着し、保湿力も高いので年中使えます。

 

この敏感肌のためのディセンシア アヤナス トライアルセット 10日間 1480(税込)、アトピー肌、敏感肌の方はぜひお試しください。

【花粉症対策訴求(3品)】アヤナストライアルセット

アトピーの発作的なかゆみを抑える方法

アトピーの発作的なかゆみを抑える方法

アトピーでつらいのはやはり“かゆみ”ですよね。今回はそんな“かゆみ”を抑える方法をご紹介したいと思います。

一次的なかゆみの止め方

かゆみを感じたときに抑える方法を紹介します。

冷やす

これが一番ベターですね。ヒスタミンの分泌量を抑え、なおかつ神経を一時的に麻痺させることができます。保冷枕のアイスノンが使いやすいと思います。
冷やす際には、保冷剤をタオルで巻き、直接肌に触れないようにして当てるのがいいです。ただ、冷やすのはかゆみを感じる部分だけです。体全体を冷やす必要はなく、そうした場合アトピーの悪化にもつながります。

 

つぼを押す

列缺(れっけつ)
手のひらの少し下くらい、人差し指、中指、薬指をそろえて、脈拍の上に薬指を置き、人差し指が触れる部分にあります。かゆみを抑える効果のほか顔のむくみ、まぶたのむくみを解消する効果があります。

合谷(ごうこく)
人差し指と親指の骨が合流するところからやや人差し指よりにあります。さわってわかる“くぼみ”があります。押し方は親指で押し、3秒押す、離すを繰り返します。効果はアトピーのほか頭痛、肩こり、精神不安、大腸にも効果があり“万能ツボ”といわれています。

曲池(きょくち)
腕を曲げてできるシワの一番端っこ。押して痛みを感じた所です。肩こり、首こりのほかに肌あれに効果があります。

 

植物の葉を使う

・ヨモギのしぼり汁を患部に擦り込む。

ヨモギの葉をちぎって、汁をかゆみを感じる部分に塗るのも効果があります。
また、ヨモギをお茶として服用すればアレルギー改善、美肌効果もあります。

ヨモギの葉の治療法を調べていたら、びわの葉にも効果があることがわかりました。かゆみを抑えれるかどうかはわかりませんが、アトピー改善効果は期待できそうです。

・びわの葉

アレルギー体質の改善効果があります。
びわの葉を2年以上の古い葉を40~50枚ほど拭いて1cmほどに刻みます。それをビンに入れ、35度以上のアルコールを葉の約3~5cm上になるように注ぎます。ビンを密栓し1カ月以上放置し、葉を取り出します。目安はアルコールの色が濃くなり、葉が黄色っぽく変色するころです。残ったアルコール分をエキスとして使用します。
使用法
・原液のままか水で倍量に薄めて患部に塗る。
・湿布する。
・水で薄め、スプレーする。

・原液のままか水で倍量に薄めて患部に塗る。

・湿布する
ガーゼやコットンにエキスを染み込ませて、湿布するように乗せます。加え、包帯やラップで乗せたガーゼを固定することで、エキスが患部にどんどん染み込んでいきます。

・水で薄め、スプレーする
エキス1:水4の比率で薄め、スプレーボトルに入れて患部に吹きかけます。患部の状態に合わせてエキスを徐々に濃くしていってもいいでしょう。

まとめ

アトピーのかゆみを一時的にとめる方法

  • 冷やす
  • つぼを押す
  • ヨモギのしぼり汁をかゆいところに擦り込む
  • びわの葉もアトピー改善効果がある。

アトピーを体内から良くしよう!!腸内環境改善の方法

肌の保湿、ステロイド、ほかにも規則正しい生活、ストレスをためないなどアトピーをよくするために色々と努力を払われていると思います。それでも症状が改善しないときはご自分の腸内環境を気にしてみてはいかがでしょうか?

腸内環境が悪いことによる問題

腸内環境、小腸の状態が悪いと小腸内の柔毛でアミノ酸に分解されるはずのタンパク質が分解されないまま残り、アレルギー症状を引き起こす原因のIgE抗体がそのタンパク質に反応し症状が起きます。特にタンパク質を多く含む卵、小麦、牛乳などで食物アレルギーを起こす場合がそうです。それから、小腸には人の免疫細胞が集中しているので、腸内環境が劣悪だとIgE抗体の量が増えアレルギーが悪化します。

腸内環境をよくするために必要なもの

・乳酸菌 

アトピーの場合はラクトバチルス・ラムノサス・GG(LGG)、フェカリス菌FK-23

・ビフィズス菌

 

ラクトバチルス・ラムノサス・GG (LGG菌)

乳酸菌は代謝により乳酸を産生する細菌類の総称で、腸内に常在しています。その中でもとくにアトピーに効果があると言われているのが、ラクトバチルス・ラムノサス・GG(LGG)です。

これは、フィンランドの大学で行われたアトピー症状を持つ妊産婦にLGG菌を与え、出生した子供のアトピーの発症率を調べる実験で、発症率が与えなかった妊産婦から出生した子供に比べ半分に低下したそうです。加え、すでに発症した子供に与えた場合でも症状に改善が見られたとの報告もあります。

LGG菌を摂取できる食品

タカナシ乳業

タカナシ「ヨーグルト おなかへGG!」100g

カナシ「ドリンクヨーグルト おなかへGG!」100ml

 LGG乳酸菌の入ったヨーグルトタイプとドリンクタイプです。やさしい酸味でデザート感覚でいただけます。加え、整腸作用もあります。

フェカリス菌 FK-23

健康な人の腸内にいるフェカリス菌、その仲間「FK-23」の加熱処理菌体では、免疫調節作用が強いとされています。そして「FK-23」を酵素溶解し、有効な成分を抽出したものがLFKです。

LFKの効果は、色素沈着抑制、抗アレルギー、酒さ治療などです。数々の特許を取得しています。 

赤ら顔になる酒さに対しては、LFKは治療剤としての効果が期待されています。

酒さ患者15名にLFK4週間投与した実験で、改善度の5段階評価で「紅斑」が2.6から1.73、「毛細血管拡張」が2から1.4、「顔面潮紅」が2.07から1.53へと投与による改善効果が見られました。加え、症状の悪化や副作用の報告もありませんでした。(特許 2944662 酒さ治療剤)

 

色素沈着に対しては、紫外線による色素沈着の抑制効果を示しています。

10匹のモルモットを2つのグループに分け、片方のグループにあらかじめLFKを与え、もう片方には与えずに紫外線を当て皮膚の色素変化を調査しました。結果、LFKを摂取したモルモットのグループは皮膚の日焼け、色素沈着が最大35%抑えられました。また、色素沈着に有用とされるビタミンCL-システインとの比較テストにおいても、LFKが抑制効果を示しています。(特許第4326905号 色素沈着抑制剤) 

 

アレルギーに対しては、アレルギー予防、アレルギー反応を抑制し副作用がみられない成分として特許を取得しています。

実験ではマウスをLFKを混ぜたエサを与えるグループ、通常のエサのみを与えるグループに分け、さらにアレルギー反応を引き起こす卵白アルブミン(アレルギー反応のシミュレーションに使われます)を投与します。さらに通常のエサのみを与えられたグループに抗アレルギー薬であるフマル酸ケトチフェンを与えます。結果、LFKを与えられたグループは与えられなかったグループと比べ有意にアナフィラキシー(急性のI型アレルギー)抑制効果が得られました。(特許第3040744号 抗アレルギー剤及びその製造法)

 LFKを配合しているサプリ

ルイスヴァージウェルネス株式会社

カルグルト(Calgurt) 初回限り980円(税込み・送料無料)

カルグルトはLFKの他、4種類の乳酸菌を配合しているサプリメントです。スティックタイプの袋に粉末が入っており、150ccの水に溶かして飲みます。味はヨーグルトのプレーン味に似ていると思います。

ヨーグルトを食べるだけではせいぜい1~2種類ほどの乳酸菌しか摂取できませんが、カルグルトならLFKの他、4種類の乳酸菌を摂取できます。加え、水に溶かして手軽に摂取できるのがいいですね。

 

 

アトピーの歴史

アトピーの歴史

発見から命名まで

こんにちは。

あなたはアトピーの歴史をご存じですか?今回はアトピーの歴史をまとめてみました。意外とみなさんご存じないのではないでしょうか?

アトピーって、結構最近の病気なんじゃないの?と思われますよね?

それが違うんです。

日本では1800年ごろ、江戸時代の文献に「雁瘡」(がんがさ)という皮膚病のことが書かれていて、これがアトピーじゃないかと言われてます。

そして、世界的には1892年フランスの医師、ベニエが子供のかゆみが出る原因不明の湿疹について研究し、「ベニエ痒疹」と呼び、これがアトピー性皮膚炎の世界初の記録だと言われています。彼は「かゆみの出る湿疹は、ぜんそくなどといった症状と一緒に起こる」という共通点を見つけました。

こんなに昔からあったんだ、と驚きますよね。

そして、20世紀に入り、体内に異物がはいると体に変わった反応が起こることを 「アレルギー」と呼ばれるようになりました。                 そして、喘息も異物に対する体の「アレルギー反応」ではないかと考えた人がいました。

それはアメリカ人医師のコーク(もしくはコカ)。

彼は、アレルギーが遺伝によって起こりやすいことに注目しました。1923年、それらの症状に対し、ギリシャ語で「奇妙な」「変わった」という意味の「アトピー」という名前をつけました。

その10年後、アメリカ人医師、ザルツバーガーが皮膚炎や喘息、アレルギー性鼻炎が深く関係していることに注目し、皮膚炎を「アトピー性皮膚炎」と呼びました。

しかし、ここでひとつの大きな疑問が生じます。アトピー患者の皆さんならすでに疑問を持たれていると思います。

当時、アトピー性皮膚炎と診断された患者のうち、3割の人は皮膚炎だけの症状で喘息もアレルギー性鼻炎も発症していなかったのです。

そう、「アトピー性皮膚炎」はアレルギーが原因なのか?

この原因については今も研究が進められています。

原因について最新の研究

アレルギーが原因なのか?という疑問についてひとつの答えが出ました。

2015年 4月に慶応義塾大学医学部とアメリカ NIH(国立衛生研究所)の研究グループが黄色ブドウ球菌などの細菌が異常に繁殖することによりアトピー症状が引き起こされることを解明しました。プレスリリースされた資料です。

実は40年以上も前からアトピー患者の皮膚に黄色ブドウ球菌が多数存在することがわかっていました。

ですが、このことが炎症の原因なのか、慢性炎症の結果なのかが長らく議論されてきました。近年の研究により皮膚表面には多種多様な細菌が住んでいて、アトピー症状が悪化したときに細菌の多種多様性が失われ、黄色ブドウ球菌がそのほとんどを占めるようになることがわかりました。ただ、動物での実験データがなかったため因果関係が証明できていませんでした。

この実験では人為的にアトピー性皮膚炎を発症させたマウスを作成しました。その皮膚からは黄色ブドウ球菌が大量に検出され、抗生物質で抗菌治療を行ったところ  正常な細菌バランスに戻り、症状が出なくなりました。

治療の未来

原因が判明したところで、治療法は大きく変わることになります。

皮膚上の細菌バランスを正常化する、つまり黄色ブドウ球菌だらけなのを正常の多種多様な細菌の集まりに戻す治療法が開発されることで、ステロイドに頼ることのない治療ができるかもしれません。

新しい治療法の開発に期待です!!

自分の症状 1/29

今現在の私の症状を載せます。

まずはふくらはぎ

 
ヒルドイドに混ぜたステロイド、リンデロン軟膏を塗ったおかげか少しよくなった感じ。プラス、ニキビ用の抗生物質の入ったクリームも塗っているのでそれの効果もあるのか。

次に腕。

冬の乾燥でひどくなってたが病院で受けたキレーション点滴で全体的に湿疹が引いてきた感じ。

普段使ってる化粧水、プラセンタのジェル、ヒルドイドで乾燥、かゆみと赤みは抑えれてる感じ。首の部分がまだ乾燥してるかな。

まとめ

全体的には落ち着いていますが、2日前に寝ている間に下半身のかゆみがひどくて、寝不足になっていました。やはり冬の乾燥による影響はあります。