乾燥対策

スポンサーリンク

スポンサーリンク

一か月で「乾燥肌」を「美肌」に変える方法

一か月で「乾燥肌」を「美肌」に変える方法

 

こんにちは。

 

あなたは今、乾燥肌に悩まされていませんか?

 

特にアトピーの方は大変に悩まされていると思います。

 

私もその一人です。

 

乾燥肌が原因で皮膚がはがれる、かゆみが出る、またニキビの原因になっている。

 

本当につらいと思います。

 

乾燥肌を早く治して、サラサラと肌さわりの良くて、見た目にもきれいで、女性から評価されるような美しい肌にしたくないですか?

1カ月で汚く見える「乾燥肌」から女性の目を惹く「美肌」に変身しましょう。

洗顔、

乾燥肌を治すことがスキンケアの第一歩といっても過言ではないと思います。

 

それでは行きましょう!

 

乾燥肌の原因とは?

外的な要因として、冬場は大気の乾燥や皮脂、汗の減少など、夏場は冷房や紫外線の影響などで乾燥してしまうことがあります。

 

よくあるのが季節の変わり目に症状がひどくなる原因でもあります。

アトピー持ちの方はよく経験されているのではないでしょうか?

 

肌内部の症状としては皮脂分泌量の低下、うるおい成分である角質細胞間脂質や天然保湿因子(NMF)の減少などにより肌の水分量が不足し、角質層の保湿機能やバリア機能が失われている状態です。そして、角質層の水分保持機能が低下し、乾燥肌を引き起こします。

 

また遺伝的に角質細胞間脂質の一種セラミドが少ないアトピー性皮膚炎も重症な乾燥肌を生じる原因の一つです。

 

乾燥肌を引き起こす3つのポイント

  1. 皮脂量の低下
  2. 天然保湿因子(NMF)量の低下
  3. 角質細胞間脂質の一種であるセラミドの減少

 

  1. 皮脂量の低下

皮脂により作られる皮脂膜は、外界の刺激から肌を保護し、水分の蒸散を防ぐという役割を果たしています。皮脂の分泌量が低下すると、ダイレクトに刺激が角質層に伝わりやすくなり、かゆみなどの症状を引き起こします。

 

  1. 天然保湿因子(NMF)量の低下

角質細胞内に存在するNMFはアミノ酸類、乳酸、尿素、クエン酸などからなり、水分を抱え込む性質がある。肌荒れした肌の状態を分析すると健康な状態と比べ、主成分であるアミノ酸やPCA(ピロリドンカルボン酸)量が著しく減っていることがわかります。

 

  1. 角質細胞間脂質の一種であるセラミドの減少

角質細胞同士の間を埋めて細胞同士を密着させる役割を担っているのが角質細胞間脂質です。セラミドが50%占めていて、他の脂質を一緒に立体構造となり保水します。これが足りなくなると保水機能も低下し、乾燥肌の原因になります。

アトピー性皮膚炎の方はセラミドの量が通常の方と比べ3分の1ほどしかありません。刺激に対して無防備なため様々なアレルゲンが肌に侵入しやすい状態です。

 

乾燥肌はこのようなことが原因で引き起こされます。

 

記事の目的

では、乾燥肌の原因が分かったところで今日は、

 

乾燥肌の改善法

 

コスメの紹介

 

お伝えします。

 

どうやって?

洗顔法

洗顔をすると、角質層にある細胞間脂質、NMF、皮脂を肌から流出させてしまいます。化粧を落とすクレンジングよりは流出するリスクは低いですが、それでも乾燥肌を引き起こすリスクはあります。

 

改善法

洗顔は夜だけ!

洗顔によって失われた細胞間脂質、NMF、皮脂は約24時間かけて修復されるので、朝に洗顔をしてしまうと回復した細胞間脂質、NMF、皮脂が再度洗い流されてしまい、肌を無防備な状態にすることで、より乾燥が進んでしまいます。

 

やさしく、こすらない

角質層に物理的なダメージを与えないことが大事です。とくに摩擦をすることは、乾燥肌にとってダメージが大きいです。

なので洗顔の際は、

  • 石鹸はよく泡立て、指が肌に触れないようにする。
  • Tゾーンから洗いはじめて、乾燥しがちな頬や目元は最後に泡を乗せる程度で。
  • 短時間で終わらせる。

これらをとにかく意識して洗顔を行ってください。

 

 

しっかり睡眠をとる

 

睡眠中に成長ホルモンが分泌されることで、

ターンオーバーの正常化:肌が外部から受けたダメージ、傷、紫外線の影響などからの回復を早くできます。

肌のうるおいを保つ効果:成長ホルモンはヒアルロン酸を作り出す繊維芽細胞を活性化ささせる働きがあり、肌のうるおいを保つことができます。

肌の老化を防ぐ:老化の原因となる紫外線によるダメージを回復させたり、水分量の低下を防ぐこともできます。

 

就寝後から3時間に成長ホルモンが多く出る。

就寝後、最初のノンレム睡眠90分、レム睡眠90分の合計180時間(3時間)の間に多く成長ホルモンが分泌されることがわかっています。大切なのは「寝始めてから3時間をいかに深く眠るか」です。

 

就寝後3時間に深く眠る方法

  • 就寝前2時間、少なくとも1時間は食事をしない
  • もし食事をしたら運動などで、血糖値を下げる
  • 就寝前1時間に入浴して身体を温めて、就寝前に体温が戻っているようにする。

 

食事の改善

肌の代謝に関わるビタミン類を摂る

 

ビタミンA

うなぎ、チーズ、卵、緑黄色野菜に含まれています。

動物性食品に含まれるレチノール、緑黄色野菜に含まれるβカロテンがあります。

 

  • 肌のターンオーバーを活発にする。
  • 皮脂膜、NMFの生成を促し、皮膚や粘膜のうるおいをキープ。

 

ビタミンB群

B2は卵、納豆、乳、葉物野菜。B6はかつお、まぐろ、肉、バナナに含まれています。

B2が欠乏すると、ターンオーバーが乱れ、乾燥、ニキビなどの肌荒れが起きやすくなります。B6は肌トラブルの原因になるホルモンバランスの乱れを整えることができます。

 

  • 肌のターンオーバーを正常に保つ。
  • 皮膚や粘膜の健康を維持する。

 

ビタミンE

ナッツ類や西洋かぼちゃ、アボガド、アーモンド、大豆に含まれています。

若返りのビタミンとも呼ばれ、血行促進や肌のバリア機能の強化など。

 

  • 血液の循環を促進し、肌の新陳代謝を活発にする。
  • 肌のバリア機能を高める。
  • 高い抗酸化作用があり、細胞へのダメージを防ぐ。

 

ビタミンC

いちご、キウイなどのフルーツ。野菜やイモ類などに含まれています。

美肌には必須の水溶性ビタミンの一つ。肌の弾力を維持したり保湿に役立つコラーゲンの生成に必要。

 

  • コラーゲンの合成を促進。
  • 体内の活性酸素を除去する。

 

 

おすすめのコスメ

ZIGEN オールインワンフェイスジェル

ZIGEN オールインワン フェイスジェル

コスパにこだわり、スキンケアの手軽さを重視するならZIGEN オールインワンフェイスジェルを選びましょう。

 

メリット

  1. オールインワンであるため、化粧水や乳液を複数用意する必要がない。
  2. 3980円で2カ月使用でき、1本で保湿が完結するためコスパが高い。
  3. セラミドを配合し、保湿力が高いため乾燥肌のケアができる。
  4. ジェルの伸びがいい。
  5. 口コミ評価が高い。

 

いろんなサイトで紹介されていて、メンズコスメにおいて保湿するうえで何を使っていいかわからなければ、まずはこれを使ってみるべきだと思います。

 

価格

3990円(税込み)

特徴

セラミド、ヒアルロン酸、コラーゲンが配合

2カ月使えるボリューム

オイル、アルコール、パラベン無添加

 

スキンケアにおいて最も重要なのが「保湿」です。

化粧品を選ぶ際はこの「保湿力」に注目しましょう。

「保湿力」を見極めるポイントとして「保湿成分」を確認することが必要です。

このZIGENにはセラミドが配合されています。

このセラミドは角質細胞同士の間を埋めて細胞同士を密着させる役割を担っている角質細胞間脂質の一種で、肌の保湿成分としての機能を持っています。

セラミドは原料が高価であるためか市販の安価なコスメにあまり含まれていません。ですので、市販品よりは高価に感じるかもしれませんが、その分上質な保湿ケアができると思います。

 

まとめ

一か月で乾燥肌を治すために今すぐにやること

  1. 洗顔は夜だけ。洗うときはやさしく、こすらずに。
  2. しっかりした睡眠をとる。特に就寝後3時間は深く眠れるように。
  3. 食事の改善。ビタミンA,B,C,Eを摂取できるように。サプリメントもアリ
  4. オールインワンコスメを使って徹底保湿!

アトピー(乾燥肌)の冬における乾燥対策


アトピー患者の方は冬の乾燥対策はどうされていますか?

 

私は夏よりも冬に症状がかなり悪化します。アトピーだけでなく胃腸の調子も悪くなるので、私にとってかなりキツイ季節です。特に今まで症状の出なかった首、尻、腹、腕のあたりに症状が出ています。やはり原因は寒さからくる乾燥です。

 

そこで私の取っている乾燥対策をいくつか紹介します。

 

大まかに3種類の対策に分けました。

 

  1. 肌対策(化粧水、クリームなどを用いた肌への直接的な対策)
  2. 環境対策(部屋の湿度の低下を抑える簡単な対策)
  3. 食事対策(冬の乾燥肌を改善する食品の紹介)

 

では行きましょう!!

 

肌対策(化粧水、クリームなどを用いた肌への直接的な対策)

 

肌の保湿は必須です。そこで、体の部位に応じて適切な保湿剤をご紹介します。

 

化粧水・・・肌しるべ 化粧水 株式会社ファインエイド

  • 冬の乾燥にお悩みの人
  • スキンケアにたくさんのアイテムを使いたくない人
  • コスパのいいスキンケアがしたい人

におすすめです。

 

顔はお風呂あがりすぐの保湿が必要です。いま使っている化粧水を見直すのもありだと思います。

この「肌しるべ」はあらゆる肌トラブルは“乾燥が原因”と考え“化粧品に必要なのは保湿だけ”というコンセプトで開発された化粧水です。

 

「肌しるべ」の特徴

  • スプレータイプ・・・プッシュするタイプなので出しすぎや倒してこぼすなどのトラブルを防げます。
  • コメヌカ発酵液エキス・・・糖類、アミノ酸、ビタミン類を含有し肌をしっかり潤します。
  • 和漢植物エキス・・・5種類の和漢植物エキスが肌を整えます。
  • コメ胚芽油・・・100%コメヌカ由来で潤いを逃がしません。
  • 年齢、肌状態に関係なく使えます・・・敏感肌でも使えます

 

体全体

クリーム・・・ヒルドイドフォルテクリーム(HirudoidForteCream)

  • とにかく保湿したい人
  • アトピーの症状がある人

におすすめです。

 

体は顔と同じでお風呂上りすぐの保湿が必要です。このようなクリームを使うことで徹底保湿します。

 

「ヒルドイドフォルテクリーム」の特徴

  • ヘパリン類似物質を含有・・・ヘパリン類似物質であるムコ多糖体多硫酸エステルの働きにより、皮膚の乾燥を防ぎ、血行をよくする。

 

環境対策(部屋の湿度の低下を抑える簡単な対策)

 

乾燥対策において部屋の加湿も必要です。手軽に行える加湿法をご紹介します。

 

洗濯物を室内に干す

非常に簡単な加湿方法です。ただ“におい”を防ぐために、なるべく日光があたる窓側に干す必要があります。また消臭効果のある柔軟剤を使うのもいいです。

 

濡れタオルを室内に干す

洗濯物と同じ加湿法です。お風呂あがりに使ったバスタオルなどを部屋に干すだけで加湿効果を得られます。

 

洗面器やグラスに水を入れておく

非常にシンプルな加湿方法です。水が時間とともにゆっくりと気化して部屋をうるおしてくれます。

 

観葉植物を置く

植物は葉から水分を蒸発させる性質があります。その性質を利用して部屋を加湿できます。葉っぱが大きめのものを選ぶのがポイントです。葉が大きければ蒸発する水分量が増えるからです。おすすめは「ガジュマル」、「サンスベリア」、「ポトス」です。

 

霧吹きやルームミストを使う

消臭スプレーや除菌スプレー、ルームスプレー、水で薄めたアロマオイルを霧吹きでまく加湿方法です。ソファやベッドなどの布製品に吹きかけると加湿効果が上がります。習慣化しておくのもいいと思います。

 

食事対策(冬の乾燥肌を改善する食品の紹介)

 

食事から乾燥対策のアプローチです。

 

乾燥肌に必要な栄養素

タンパク質・・・コラーゲンのもとになります。また、肌の角質細胞内にある天然保湿因子(NMF)はアミノ酸が原料です。(タンパク質はアミノ酸が複数結合してできた物質です)

ビタミンA・・・肌のターンオーバーを活発にし、天然保湿因子の生成を促し、皮膚のうるおいをキープする。

ビタミンE・・・血液の循環を促し、新陳代謝を活発にします。また抗酸化作用により細胞へのダメージを防ぎます。

ビタミンC・・・コラーゲン合成を促し、体内の活性酸素を除去する働きがあります。

 

肌の乾燥を防ぐ脂質、タンパク質、ビタミンAが豊富に含まれています。また含まれるビオチンには皮膚を健康に保つ働きがあります。

 

納豆

タンパク質、ビタミンE、セラミドなどが含まれています。また含まれるポリグルタミン酸にはヒアルロン酸の10倍の保水力があります。

 

アボガド

ビタミンE、βカロテン、ビタミンCなどが含まれています。

 

パプリカ

普通のピーマンに比べてビタミンCが豊富に含まれています。

 

モロヘイヤ

βカロテン(体内でビタミンAに変換される)が豊富に含まれており、野菜の中でも最も多いです。ビタミンC、Eも含まれています。またネバネバである「ムチン」は強い抗酸化作用があります。抗酸化作用により活性酸素を抑え動脈硬化や生活習慣病を防げます。加え、タンパク質の分解を促し、目や胃腸の調子を整えます。

 

いわし、アジ、さば、マグロ

タンパク質、EPA、DHAが豊富です。

アトピー持ちなら知っておくべき乾燥肌の原因とその対処

乾燥肌の原因

 

冬は肌が特に乾燥しやすい季節ではないしょうか?かくいう私もこの時期はアトピーがひどくなりがちです。本記事では乾燥肌の原因とその対処法について書いていきます。

肌の水分を保持する3大要素

肌がなぜ乾燥するのでしょう?

その説明に入る前に肌の水分を保持する3大要素について説明します。

  1. 皮脂膜

これは水分の蒸発を防ぎ皮膚の潤いを保持するもの。皮膚の皮脂腺から分泌される皮脂と汗が混ざったもの。

  1. NMF (天然保湿因子)

水分を保持する機能があるアミノ酸やミネラルなどの総称。

  1. 細胞間脂質

外部からの刺激、体内の水分の過剰な蒸散を防ぐ角質細胞同士の隙間を埋めるセラミド、遊離脂肪酸、コレステロールなどの脂質。

これらが肌の水分を保持しています。

乾燥肌の原因

  1. 皮脂量の低下

皮脂膜を構成する皮脂量が少なくなる。これで肌の角質層に刺激が伝わりやすくなる。

  1.   NMF(天然保湿因子)量の低下

    水分を保持できなくなり乾燥する。

  2. 細胞間脂質の減少

    保水機能が低下し、肌のバリア機能が低下する。ちなみにアトピー患者の肌はセラミドの量が通常と比べ3分の1しかありません。

これらが乾燥肌になる3大要因です。

乾燥肌の対策

乾燥肌をケアするには、水分を保持する3大要素を補うことです。

  1. 乳液、クリーム、美容液を使う。

皮脂膜の代わりに肌の水分の蒸散を防ぎます。                    

  1. アミノ酸を配合した化粧水を使う。

これでNMFを補い角質層の水分を保持する役割があります。

  1. セラミドが配合された化粧品を使う。

細胞間脂質の主成分であるセラミドを補うことで肌のバリア機能を向上させる。

乾燥肌対策に使える基礎化粧品

①日本機能性医学研究所


日本機能性医学研究所 DRSピーリングウォッシュ 120g DRSローション 115ml
常識を超えたセラミド濃度、理想的なヒアルロン酸の配合率
冬の保湿を考え、肌のやわらかさ、モチモチ感を実感できる。
正しい角質ケアでうるおいアップ!
 毎日のお手入れで自然に角質のケアができる。
皮膚科で処方できるレベル
機能性医学の考えをスキンケアに取り入れたブランド。
②オルビス株式会社



オルビス株式会社 アクアフォーストライルセット(アクアフォースマイルドウォッシュ アクアフォースローション アクアフォースモイスチャーの3点セット)
約0.02mmの角層をうるおいで満たす浸透力
その日の肌の調子、良さを左右する角層をうるおわせます。
新成分うるおいマグネットAQを配合
角層のすきまをうるおいで満たし、抱え込む。すぐにうるおい、ずっとうるおう。
100%オイルカット&水のチカラによるうるおい
肌を内側からしっかりうるおす保湿力 。
③日本オリーブ株式会社

日本オリーブ株式会社 オリーブキュア センシティブスキン トライアルセット
オリーブをベースとしたシンプルな処方
香料、着色料など6種類の無添加処方で敏感肌の方でも安心して使えます。
アロマオイルの心地よい香り
使用感にこだわりスキンケアの時間が癒しの時間に変わります。
素肌の力をたすける脂質、水分、天然保湿成分の3大要素
肌をすこやかに保つ必要な成分をバランスよく配合

アトピーの方におすすめ

①株式会社ラフィスコスメティック

ラフィスコスメティック ADリッチクリーム
抗体入りダチョウ卵黄エキス配合

黄色ブドウ球菌を不活性化し、かゆみの原因を止める。

肌のpHバランスを整える。

黄色ブドウ球菌が繁殖しやすいアルカリ性からpHバランスを整え、健やかな肌へ。

無添加ポリシー

防腐剤、界面活性剤、鉱物油、着色料、香料、アルコールは不使用。どの年代でも使える。

②Albert David Limited


 

 

 

 

 

ヒトプラセンタジェル
保湿成分や、ターンオーバー(細胞の生まれ変わり)を促進するエキスが配合されている。

直接クリームをお肌につけることで、若々しい、張りのあるお肌に蘇らせます。

肌のタイプや年齢を選ばずに使用できる。

乾燥肌、荒れ肌、脂性肌や、若い方、お年を召した方などすべての方にお使い頂けます。