アトピー持ちなら知っておくべき乾燥肌の原因とその対処

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサーリンク

乾燥肌の原因

 

冬は肌が特に乾燥しやすい季節ではないしょうか?かくいう私もこの時期はアトピーがひどくなりがちです。本記事では乾燥肌の原因とその対処法について書いていきます。

肌の水分を保持する3大要素

肌がなぜ乾燥するのでしょう?

その説明に入る前に肌の水分を保持する3大要素について説明します。

  1. 皮脂膜

これは水分の蒸発を防ぎ皮膚の潤いを保持するもの。皮膚の皮脂腺から分泌される皮脂と汗が混ざったもの。

  1. NMF (天然保湿因子)

水分を保持する機能があるアミノ酸やミネラルなどの総称。

  1. 細胞間脂質

外部からの刺激、体内の水分の過剰な蒸散を防ぐ角質細胞同士の隙間を埋めるセラミド、遊離脂肪酸、コレステロールなどの脂質。

これらが肌の水分を保持しています。

乾燥肌の原因

  1. 皮脂量の低下

皮脂膜を構成する皮脂量が少なくなる。これで肌の角質層に刺激が伝わりやすくなる。

  1.   NMF(天然保湿因子)量の低下

    水分を保持できなくなり乾燥する。

  2. 細胞間脂質の減少

    保水機能が低下し、肌のバリア機能が低下する。ちなみにアトピー患者の肌はセラミドの量が通常と比べ3分の1しかありません。

これらが乾燥肌になる3大要因です。

乾燥肌の対策

乾燥肌をケアするには、水分を保持する3大要素を補うことです。

  1. 乳液、クリーム、美容液を使う。

皮脂膜の代わりに肌の水分の蒸散を防ぎます。                    

  1. アミノ酸を配合した化粧水を使う。

これでNMFを補い角質層の水分を保持する役割があります。

  1. セラミドが配合された化粧品を使う。

細胞間脂質の主成分であるセラミドを補うことで肌のバリア機能を向上させる。

乾燥肌対策に使える基礎化粧品

①日本機能性医学研究所


日本機能性医学研究所 DRSピーリングウォッシュ 120g DRSローション 115ml
常識を超えたセラミド濃度、理想的なヒアルロン酸の配合率
冬の保湿を考え、肌のやわらかさ、モチモチ感を実感できる。
正しい角質ケアでうるおいアップ!
 毎日のお手入れで自然に角質のケアができる。
皮膚科で処方できるレベル
機能性医学の考えをスキンケアに取り入れたブランド。
②オルビス株式会社



オルビス株式会社 アクアフォーストライルセット(アクアフォースマイルドウォッシュ アクアフォースローション アクアフォースモイスチャーの3点セット)
約0.02mmの角層をうるおいで満たす浸透力
その日の肌の調子、良さを左右する角層をうるおわせます。
新成分うるおいマグネットAQを配合
角層のすきまをうるおいで満たし、抱え込む。すぐにうるおい、ずっとうるおう。
100%オイルカット&水のチカラによるうるおい
肌を内側からしっかりうるおす保湿力 。
③日本オリーブ株式会社

日本オリーブ株式会社 オリーブキュア センシティブスキン トライアルセット
オリーブをベースとしたシンプルな処方
香料、着色料など6種類の無添加処方で敏感肌の方でも安心して使えます。
アロマオイルの心地よい香り
使用感にこだわりスキンケアの時間が癒しの時間に変わります。
素肌の力をたすける脂質、水分、天然保湿成分の3大要素
肌をすこやかに保つ必要な成分をバランスよく配合

アトピーの方におすすめ

①株式会社ラフィスコスメティック

ラフィスコスメティック ADリッチクリーム
抗体入りダチョウ卵黄エキス配合

黄色ブドウ球菌を不活性化し、かゆみの原因を止める。

肌のpHバランスを整える。

黄色ブドウ球菌が繁殖しやすいアルカリ性からpHバランスを整え、健やかな肌へ。

無添加ポリシー

防腐剤、界面活性剤、鉱物油、着色料、香料、アルコールは不使用。どの年代でも使える。

②Albert David Limited


 

 

 

 

 

ヒトプラセンタジェル
保湿成分や、ターンオーバー(細胞の生まれ変わり)を促進するエキスが配合されている。

直接クリームをお肌につけることで、若々しい、張りのあるお肌に蘇らせます。

肌のタイプや年齢を選ばずに使用できる。

乾燥肌、荒れ肌、脂性肌や、若い方、お年を召した方などすべての方にお使い頂けます。

 

 

 

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*